歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯科分野が活躍しています

2017-03-15 11:30:34 | 日記
虫歯とは、歯が虫歯の原因であるミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう事です。 これを脱灰といいます。しかし健康な歯は、ただ溶け続けるだけでなく、自然に元に戻ろうとする力があります。これを再石灰化といいます。 普段は脱灰、再石灰化をくりかえしているので、このバランスがしっかり取れていれば、虫歯は進行しません。『パルスオキシメーター

しかし、お口の中に食べカス等が残って歯の表面が「べとついた状態」が続くと、それをエサとして虫歯菌(ミュータンス菌)の活動が活発になります。そうすると歯が溶けるスピードが早くなり、歯が持つ元に戻ろうとする力(再石灰化)が追いつかず虫歯になってしまいます。そしてこれを放っておくとさらに内部へ広がっていき、どんどん虫歯が進行していきます。

虫歯になる条件は、宿主(歯の抵抗力の低下)、栄養(虫歯菌の栄養になる食べカス)、細菌(虫歯菌そのもの)という3つの条件が全てそろうことで、虫歯になるのです。逆に、ひとつでも欠ければ虫歯になる可能性は格段に減ります。『生体情報モニタ

オートクレーブという医療機器は、今はでは欠かせない重要な存在で今の歯科分野が活躍しています。オートクレーブの種類やタイプなどが色々ありますが、これを買うときにも動のような注意事項がありますか。ご存知でしょうか。今日は、オートクレーブに対するいくつかの注意事項についてお話したいともいます。

 オートクレーブを選ぶときには、一番考えなければならないことは、安全性のことではないでしょうか。それについては、自動気圧反応機能が付いている機械のほうがおすすめします。オートクレーブの稼働機能は気圧のもとで、滅菌を行い、気圧のバランスが崩しますと、爆発するさえ行ったことがありますので、是非ご注意ください。『エアーコンプレッサー

 また、二番目のご注意事項は、機械の温度正確度と均等性です。正確度は、滅菌室内の実際温度と調整された温度の差のことを指します。均等性は滅菌室内の左右上下の温度の均等のことを指します。温度正確度と均等性がいい製品による滅菌は、滅菌されたものの寿命を確保できます。温度正確度と均等性の悪い製品で滅菌すると、ハンドピースなどのパーツを壊すリスクが高くなりますので、ご注意ください。『ハンドピース

 そして三番目のご注意点ですが、必ずアフタサービスのいい製品を選んでください。オートクレーブという医療機器ですが、不定期的に故障したりすることがよくあります。気圧のアンバナンスが起こって滅菌ができなくなったり、滅菌ドアが閉じれなくなったりすることがよくありますので、是非アフタサービスのいい製品にしてください。アテナデンタルで販売されたオートクレーブのほうが、アフタサービスがよくて、いつでも気軽に連絡なくが取れて、製品の異常に対して早速対処法を差し上げられるように、社員一同頑張っています。お客様から色々好評を受けて、信頼できる店と言われております。是非ご来店を心から祈っています。

 今日は、オートクレーブの選択注意事項についてお話しました。不完全ですが、ご参考の程、ご補充をお願いいたします。『超音波スケーラー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯や歯周病を予防します | トップ | 歯間ブラシは口臭予防には結... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。