歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

歯科治療時に歯茎を傷つけてしまうと

2016-10-15 13:55:48 | 日記
歯茎が痩せて下がってきた場合は、歯周病の可能性が最も考えられますが、それ以外にも歯を抜いたことが原因だったり、歯列矯正をしている人は歯が動いたことが原因だったりすることもあります。歯茎が下がった原因が歯周病の場合は、まず歯周病の治療を行うことが最優先されます。『小型エアーコンプレッサー
歯肉が後退してしまう原因は様々ですが、強いブラッシングだけで歯肉後退が起こる訳ではありません。歯肉後退の多くは、歯並びや噛み合わせに問題があったり、歯周病にかかって歯肉が後退する事が多いです。特に女性は男性に比べて骨が弱く歯肉後退が起きやすいとされています。また、年齢が進むと骨が弱くなっていくので、歯肉の後退が起き易くなります。

その後下がった歯茎を回復させたいところなのですが、歯茎の回復(審美)と歯周組織の維持(健康)の両立は非常に難しく、歯茎の回復はあきらめざるをえない場合も少なくありません。

一度後退してしまった歯肉は、現在の歯科技術で元の状態の歯肉に戻すのは非常に難しいとされています。しかし、口の中を綺麗に保ったり、外科手術などの方法で軽度の歯肉後退であれば、回復は可能になってきています。『オートクレーブ

歯茎の再生療法もケースによっては可能ですが、非常に難易度の高い治療になってきますので、治療可能な歯科医師は、特に歯周病治療に精通している歯科医師に限られます。歯茎の高さは歯を支えている骨である歯槽骨の高さによって決まりますので、歯ぐきの回復が容易なのかどうかは、骨があるかどうかを調べることにより判断することができます。

後退した歯肉を元に戻すのが難しい原因は、歯肉の中にある柔らかい骨が解けてなくなってしまうからです。この柔らかい骨に回復力が備わっていますが、周辺の歯肉が無くなってしまったり、逆に歯肉が骨の成長を遮るなどして歯肉後退したままになってしまいます。歯肉下の骨が溶けた状態になると、食べ物を良く噛めなくなったり、歯がぐらついたりします。『口腔内カメラ

理屈では、骨を増やすことが出来れば歯茎も回復することになるのですが、歯周病などによって失われた骨を回復させることは非常に難しいため、歯茎の再生療法も非常に難しい処置となります。

歯科治療時に歯茎を傷つけてしまうと、歯ぐきが下がってしまうことがあります。しかし、治療時に歯茎を傷つけて下がってしまったとしても、骨が無事であればその位置まで歯茎は自然に回復してくることが一般的です。『スケーラー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神経性食欲不振症(拒食症) | トップ | 睡眠時ブラキシズムの多くは »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。