歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

抜歯かどうかを決める基準です

2016-10-12 15:56:14 | 日記
「歯を失う」ということは、ご本人にとってとても大きな問題です。できれば抜きたくない……と誰もが思うのではないでしょうか。今の医療技術の発達につれて、できるかぎり歯を残すことを優先して治療にあたっています。しかし、症状によってはどうしても抜歯を選択しなくてはならないケースもあるので、まずは専門医と相談に乗ってください。虫歯や歯周病などで抜歯するかどうかは、まずレントゲンでX線を撮ったり、口腔内カメラなどで見ながら判断して頂いたら、また抜歯するかどうかを決めることになります。『エアーコンプレッサー

 虫歯及び歯周病に代表される歯科疾患は、その発病、進行により欠損や障害が蓄積し、その結果として歯の喪失に繋がるため、食生活や社会生活等に支障をきたし、ひいては、全身の健康に影響を与えるものとされています。また、歯及び口腔の健康を保つことは、単に食物を咀嚼するという点からだけでなく、食事や会話を楽しむなど、豊かな人生を送るための基礎となるものです。『超音波スケーラー

 
 抜歯の判断基準は、以下のように、多くの病院はそれを従って、抜歯かどうかを決める基準です。

生体情報モニタ
* むし歯が、治療できないくらいに重度にまで進行している
* 歯だけでなく顎の骨にまで感染が進み、骨髄炎などの大きな疾患を招く可能性が高い
* 歯周病が悪化して常に強い痛みがある
* さらに隣接する歯の顎の骨まで破壊が進んでいる
* 生え替わりの時期に、乳歯が残っているために永久歯がうまく生えてこない
* 明らかに異常な場所に歯が生えている
* 歯根が折れている
ハンドピース

 抜歯は、もちろん色々リスクがあります。抜歯と決める前には、ちゃんと医師の説明を聞いてから、また抜歯を行いましょう。 『パルスオキシメーター
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほとんどは歯が原因です | トップ | 歯周病は予防でき治療も可能です »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。