歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

口臭を訴える場合です

2016-10-19 10:48:46 | 日記
病的口臭は家族や友人など周囲の人から指摘され、気が付くことが多く、全体の10~40%を占めるといわれています。病的原因の最も多い原因は虫歯や歯周病などの歯科的な問題で起こっていることが多く、一般的な歯科治療によってほとんどが改善するといわれています。その他、副鼻腔炎や扁桃炎などの耳鼻咽喉科に関係した病気でも病的口臭が起こることがありますが、このような口臭も治療により改善しやすいものです。『超音波スケーラー

 花王は、歯ブラシに付ける歯磨き剤について「1回あたり約1・5グラムが適量。見た目だと歯ブラシの毛の部分全体にたっぷりと歯磨き剤が載る感じ」としています。

 舌苔を安全に取り除くには、舌苔は舌の置くに付きやすいため、柔らかい歯ブラシや舌ブラシでやさしくこするとよいでしょう。くれぐれもこすりすぎないようにすべきです。『歯科レントゲン

 全身の病気も口臭の原因になることがあります。糖尿病では甘酸っぱい口臭、肝臓病では腐ったような口臭が出ることがあります。仮性口臭は心因性口臭ともいえるもので、生理的な範囲での口臭しか感じられないのに、本人が強く口臭を訴える場合です。人には分かってもらえない口臭なので本人の悩みも強く、ひどくなると口臭を気にするあまり、緊張と恐怖のために他の人との会話もできなくなる口臭恐怖症となることもあります。『歯科 ユニット
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンドピースホース | トップ | 歯周ポケットの深さを調べます »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。