歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

歯周組織が弱った歯ではもっと沈みます

2017-03-21 15:23:05 | 日記
セラミッククラウン
歯全体を一層削ってその上にセラミッククラウンを被せます。歯の形、色、並び方など様々な患者さまのご要望を満たすことのできる補綴方法です。一般的に最も使用されているのがこのセラミッククラウンになります。『歯科材料 通販

セラミックインレー
噛む面にできた虫歯や金属のつめものを削り、患者様の元の歯と同じ色の白い詰め物を作り治療する方法です。セラミックスはガラスや陶磁器の仲間で、表面が滑択なためプラークが付着しづらくなるのが特徴的です。

コンポジットレジン
まだ初期の虫歯を最小限に削り白いプラスチックを詰める治療方です。レジンは歯科治療で最も頻繁に使用されている材料で,最初はペースト状をしてますが、強い光を当てると固まります。これを削った部分に詰めて修復します。

いよいよ入れ歯ができてきました。私たちの指示通りにつくられたピカピカの入れ歯ができてきました。指示書通りにできていることを確認し、患者さんの口腔に装着です。ここまでは、歯科医が得た生きた口腔の情報・記録を、技工士さんが指示通りに再現し、精魂こめて作ってくれました。『歯科材料

ところがこのピカピカの入れ歯でも、小さな入れ歯とか、入れ歯の両側に天然歯があり、しっかりとバネがかかっている入れ歯などは装着時の調整はあまりいりませんが、難症例の場合はそうはいきません。

入れ歯の入った口腔では物をぐっっと咬んだ時、通常の歯は20μ(1000分の20㎜)ほど沈みますが、(歯周組織が弱った歯ではもっと沈みます)歯ぐきも普通は200μ(1000分の200㎜)、柔らかい歯ぐきでは2mmも沈みます。この事実から入れ歯を入れ咬んだ時、歯と歯ぐきにかかる大きな力は口腔全体に単純に一様な力がかかるわけではないということです。

ですから、入れ歯はもちろん金属冠やブリッジなどの修復物を口腔内に装着した時は慎重かつ複雑な調整に時間が必要となり、その後も時には調整を繰り返さねばならないことが珍しくないわけです。 センサーが張り巡らされた複雑極まりない柔らかな口腔内で、このようにフィットさせ装着して初めて入れ歯の機能を発揮することになります。『歯科用品

口腔内への装着・調整の直後から新しい入れ歯はまずその人の口元・顔の雰囲気を決定づけます。
しゃべると入れ歯が気になる人もいますが徐々に慣れます。一般的に今まで合わない入れ歯をしてきた人は発音がはっきりしてきます。そしてすぐに食事の時間がきます。咬む、食べる、味わうなど口腔内で咀嚼運動を行います。

この様な新しい義歯の役割はすぐ始まるので、装着時の調整は実に慎重を要します。精魂こめてつくられた硬いピカピカの入れ歯は、口腔内で多角的に機能できるよう徹底的に調整され、人の臓器の一部としてハードではあるが、あらゆるソフトを備えた入れ歯が機能を始めます。

このようにみると咬み合う歯がほとんどなく土手がない難症例では装着後も調整が必要となります。もちろん総義歯の患者さんでも中年であごの土手のある人や、上下にあまり歯がなくても、上下でしっかり咬む歯が数箇所ある人では装着後の調整があまり必要ない人もいます。『歯科通販
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 整形外科・歯科のホームペー... | トップ | 歯の間にできたわずかなすき... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。