歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

顎関節症や歯痛

2016-10-13 14:58:55 | 日記
1 .水代わりにカフェインを摂取しない『歯科用品

カフェイン含有率の高いコーヒーは利尿作用があるため身体の水分量を減らします。
そのためコーヒーで喉を潤していると次第に口が乾いてしまうのです。

2.鼻呼吸をする

口呼吸は唾液を減らし乾燥させ、虫歯の大きな原因に。
睡眠中口元にシールを貼ることで鼻呼吸を訓練するグッズ、寝ながら付けられるマウスピースなどを利用してみましょう。

3.舌回し運動で唾液アップ『歯科レントゲン

舌を口の中で歯茎にそって、グルグルとゆっくり回します。
1日に何度か繰り返すだけで唾液の分泌量が増え、さらにほうれい線予防にもおススメです。

4.シュガーフリーガムを噛む

しっかり噛むことで唾液を増やします。 同じように食事をするときもよく噛みながら食べましょう。

5.唾液を増やすツボを押す『エアータービン

顎のフェイスラインの耳に近い所から、指1本程度斜め前の窪み部分にある「頬車」というツボは、顎関節症や歯痛、唾液の分泌に役立ちます。
入浴中などリラックスしながら押してみましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病は予防でき治療も可能です | トップ | 口腔ケアを行う場合 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。