歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯周病にかかりやすくなります

2017-01-03 16:52:26 | 日記
歯が抜けることで、どのような不都合があるのかは人によってまちまちです。歯の抜けたところをそのまま放置している人は、歯が抜けたことによる不都合さを感じないのでしょう。しかし、そのまま放置することで、次のような良くない変化が起きます。隣の歯が抜歯した方へ向かって傾斜する。傾斜した歯は、隣の歯との接触関係がゆるくなって、食べかすがはさまりやすくなります。また、歯科機械等による治療のために異常を出て場合は、また医者とご相談くださいね。『小型エアーコンプレッサー

噛み合う相手の歯が、歯がないところに向かって延びてきます。歯は一番幅の大きいところで隣の歯と接触しているので、延びることで同様に接触がゆるくなります。以下、同じ影響が考えられます。
 
  歯は垂直にかかる力に対しては耐えられるような構造をもっていますが、歯の傾斜が大きくなると、噛む力が垂直に伝わらなくなり、側方の力が伝わるようになります。歯はこの側方の力には、弱い構造をもっています。『口腔内カメラ

 傾斜した方の側面のブラッシングができにくくなる。歯周病にかかりやすくなります。
相互に歯の移動が起こるために、噛み合わせが変化します。このように徐々に全体のバランスが崩れていきます。歯のあるほうの側だけで長い間食事をしていると、左右の筋肉も不調和になり顎の関節の負担も片寄るという報告があります。

 不便を感じなくても、全体の調和のとれた機能を維持するために、歯のないところは早めに治療して歯を補充しておくべきでしょう。 『オートクレーブ

日本人の平均寿命は男性で約78歳、女性で約85歳。一方、歯の平均寿命は歯種によって違いますが50~70歳ぐらいです。人によっては何十年も「歯なし」で暮らさなければなりません。日本は世界トップクラスの長寿国です。しかし高齢者の歯の数は、世界的にみると決して多いとはいえませんでした。そのため日本では1989年より厚生労働省や日本歯科医師会によって「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という「8020(ハチマルニイマル)運動」を展開しています。

 しかし、本来歯には寿命はなく、私たちの日頃のケア不足から、歯の寿命をつくっているといえます。ある調査では、たった1本の歯を入れ歯にしただけで噛む力は約10%落ち、総入れ歯だと約70%以上落ちるといわれます。目分の歯があってこそ何でもおいしく食べられ、それが生きる意欲にもつながってくるのです。そのためにも、日頃から歯のケアを充分に行い、健康な歯を1本でも多く保つことが大切です。『マイクロモーター

 現在では虫歯や歯周病に関する研究も進み、原因菌が特定され、これらは予防することが可能な疾患になりました。虫歯などになってからの歯科医院へ行くのではなく、なる前から定期的に歯科医院に行って、プロの手を借りながら予防することが、高齢になっても自分の歯を維持することにつながると思います。

  歯の寿命については、平日の予防や歯科インスツルメンツなどの治療などにより、長くさせることができます。歯に関する病などを一旦発見しますと、そのまま放置してあは行けません。虫歯や歯周病が進行してしまうと、歯を失う可能性が高いので、是非ご注意ください。『スケーラー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 噛み切るということです | トップ | 歯ぎしりの症状 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。