歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

がん治療のいわゆる三大療法とは

2017-02-13 16:36:40 | 日記
歯周病が歯周病菌によって引き起こる感染症です。歯周病菌が増えると歯の周りの歯茎を攻撃し、歯茎が腫れてきます。歯周病菌が血液の中に入り感染しますから身体に影響を与えます。『パルスオキシメーター

 歯周病菌が歯茎から感染すると、歯茎が腫れます。腫れている歯茎の周りの骨を溶かして歯が抜けてしまうことがあります。

 歯周病菌が歯茎の血管から感染し、動脈硬化を引き起こすホルモンなどを刺激して、血栓ができ血管が詰まり、狭心症や心筋梗塞を起こします。

 糖尿病ある方は、歯茎から感染した歯周病菌の毒素が、血糖値を下げるホルモン(を抑制する物質を出させ、糖尿病を悪化させます。『生体情報モニタ

 妊娠している女性に歯周病菌が多い場合、歯周病菌が歯茎から血液の中に入り、胎盤を通して胎児に直接感染して、低体重児および早産の可能性が高くなります。

 健康のために、定期的に歯科医院を検診を受けてもらいます。お口の中の汚れや歯石を歯科機器で除去し、口臭や虫歯、歯周病の予防に効果があります。

がん治療のいわゆる三大療法とは、手術・放射線療法・抗がん剤です。『ハンドピース
これらの治療はみなさんにもなじみがあり、保険適応される効果的な治療法です。

しかしながら、これらの治療の欠点は全て癌細胞にくわえて正常な細胞を侵襲してしまうことです。
また、どの施術をおこなっても少なからず免疫を低下させてしまうことも欠点です。
 
免疫療法とは、がんを駆逐・認識する細胞を培養して癌細胞を直接攻撃する治療法です。
免疫を低下させることなく、むしろ増強する作用があります。『エアーコンプレッサー

患者さまの血液をたった60CC ほどを採取し、その中から癌細胞を駆逐するリンパ系の細胞を培養増殖し、また患者さまの体に戻す最先端の治療です。
血液を介して全身に作用するため、全身に転移したがんに有効であること、副作用が殆ど無いこと、
また三大療法との併用が可能であること、患者さまのQOLが大幅に向上することが特徴です。
 
直接の効果ではありませんが、免疫療法によって自己免疫疾患やアレルギーなどが改善することがみられるのは、この免疫を整える作用があるからです。

1970年代から存在したがん免疫療法は当時、免疫の仕組みが解明できなかったために科学的根拠がない治療として扱われた時代もありますが、
研究が進んだ現代では、がん免疫療法は研究開発が進み、手術や薬物療法、放射線治療として有望とされています。『超音波スケーラー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 噛み合わせが悪いと | トップ | 歯科診療所にとって不可欠な... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。