歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

インプラントには多くの種類があり

2016-10-11 15:44:01 | 日記
歯科インプラントは、あごの骨に埋め入れる「インプラント(人工歯根)」と、失った歯の代わりとなる人工歯とも呼ばれる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3つの部品で構成されています。埋め入れるインプラントには種類があり、インプラントとアバットメントをネジで連結する「2ピースタイプ」とインプラントとアバットメントが一体化している「1ピースタイプ」のものがあります。インプラント治療を行う時には、歯科機器や技工器具が欠かせません。『超音波スケーラー

インプラントには多くの種類があり、歯科医院によって取り扱う製品は異なります。ここでは、インプラントの種類についてご紹介します。

インプラントシェアの大きい会社(つぶれない会社)を選びます。ノーベルバイオケア、3i、アストラの3社の製品は、コピー製品の製造が許されている韓国で10社以上の会社で必ず作られているので、なくなることはないでしょう。また、デンツプライ(XIVE)、ZIMMER(カルシテック、スプライン、スイスプラス)、ストローマンのITI、そして国産のGC、JMM(京セラ)なども親会社が大きいので残ると思います。『光照射器

インプラントの生産では、韓国が日本よりもシェアが大きく、アジアナンバーワンの状況が続いており、日本にもすでにトップの数メーカーが進出しています。彼らの特徴は他のメーカーの良いとこどりですので、価格相談をされる場合はこちらの使用を現在はおすすめしています。

メーカによってインプラントの素材や形状、構造などに違いがあり、それぞれにいろんな特徴があります。メインテナンスで付け外したり、修理で部品を交換したりする際に、“インプラントの構造”が影響してくることがありま. 『生体情報モニタ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫歯の原因はプラーク | トップ | ほとんどは歯が原因です »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。