歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯周病リスクを高めます

2017-02-22 10:48:01 | 日記
歯周病菌『スケーラー
歯周病は細菌による感染症です。口腔内にひそむ細菌の数が多ければ多いほど、歯周病リスクが高まります。

口内環境
歯周病菌がひそむのはプラークです。十分にケアが行き届いていない場合はプラークも繁殖してしまい、歯周病菌の繁殖をまねいてしまいます。

乱れた噛み合わせ『口腔内カメラ
乱れた噛み合わせは歯みがきがしづらくプラークや歯周病菌の繁殖をまねくばかりか、咀嚼圧が均等にならないため一部の歯周組織にダメージを与え、歯周病のきっかけをつくってしまいます。

全身疾患
糖尿病や高血圧など一部の全身疾患は身体の抵抗力を弱め、歯周病リスクを高めます。全身疾患を改善することで、歯周病リスクも低くなります。逆に歯周病が全身疾患を引き起こすリスクもあります。 『オートクレーブ

スプリント療法は、マウスピースのような装置(スプリント)を使った治療方法です。顎関節症の原因となっている噛み合わせの悪さを、装置を使って正しくするのが目的です。
スプリントにはさまざまな種類があります。素材も、樹脂や金属を始めとして多種多様なものが使われています。歯全体を覆うフルマウススプリント、一部分をカバーする部分スプリント、眠るときに装着するスリープスプリントなど、目的や治療箇所に合わせた数多くのタイプが存在します。『マイクロモーター

<スプリントのメリット>
口に入る程度の大きさなので、外泊するときにも携帯が容易
締めつけられる感じがなく、比較的違和感が少ない
歯に装着するだけなので、治療が簡単に始められる

<スプリントのデメリット>
顎関節症の進行を食い止めるには有効ですが、根本的な治療には不向きと言われています。その理由は、スプリントは暫間的なもので長期間使用すると、噛み合わせがずれてしまうことがあるからです。『小型エアーコンプレッサー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病になってしまった場合 | トップ | ホワイトニング治療のポイン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。