歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最新の感染予防対策が必要

2016-12-28 15:45:06 | 日記
近年、歯科分野の交差感染がより多くなっている有様です。交差感染というと、だれでも知っていますが、現在の歯科器具は使い捨ての製品ではないので、滅菌不足などにより交差感染にかかります。日本での歯科臨床における院内感染予防対策は欧米の先進国より足りなくて、 とくに すべての患者に同じように対応するという、スタンダードプリコーション(標準予防策で血液に限らず、広範囲にわたった感染予防対策)が 徹底されていない現状であるといわれています。今の市場では、感染予防に対する歯科機械が多いです。オートクレーブを始め、清浄機などといったような感染予防機械が徐々に登場しました。『歯科機器

 院内感染(ある患者様から他の患者様への感染)は医療の現場で無視できない大きな問題です。歯科でも例外ではありません。歯科分野の交差感染というと、肝炎・HIVなどだけでなく歯科の二大疾患である虫歯・歯周病も細菌による感染症なのです。『歯科通販

 感染予防対策については。まずは治療器具です。患者さんの口腔内に使われる器具機材はもちろんの事、型取りの際に使われる器具、診察後のユニット(イス)、他の患者さんがお口をゆすいだスピットンなど細部にわたり最新の感染予防対策が必要とされています。『歯科用品

 そして、器具の保管です。滅菌したものは、殺菌室でより確実に保管してください。その他にも、色々対策がございますが、以上の三つは最も基本的な対策だと思います。自分がクリニックへ火曜時にも十分注意してください。

 最後には、治療の時に絶対に手袋や他の予防用品をつけてください。それもとても無視できません。『歯科材料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯ぎしりによる影響 | トップ | 歯の間のプラーク »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。