歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯にも唇や舌と同じように発音を助ける役割があります

2016-12-07 17:31:23 | 日記
歯は何の為にある?と聞かれたら、ものを噛む為と答える人が多いです。それは正しいげど、歯の役割はそれだけではありません。今日は歯の役割を紹介します。『歯科材料

歯には大きくわけて、「食べ物を細かくかみ砕く」「発音を助ける」「体の姿勢やバランスを保つ」という3つの役割があります。歯がお口に見えているのは一部分だけです。また、歯といってもいろいろな種類とそれぞれに役割があるのです。

食べ物を噛む『歯科器具
歯の一番重要な役割です。噛むことができないと、食べ物の栄養がとれなくなり病気になってしまいます。よい歯でよく噛むことが健康の第一歩です。食べ物を噛んで、呑み込みやすくしつつ、胃や腸などでの消化を助けるはたらきです。食べ物以外のものを噛むこともあります。

発音を助ける
歯にも唇や舌と同じように発音を助ける役割があります。『歯科機器

体の姿勢やバランスを保つ
スポーツをしているときなどでは、歯をかみしめることにより首の骨や周りの筋肉で頭部を固定し、より強い力を出すことができます。また腹筋や背筋など姿勢を保つ筋肉に適度な緊張を与えることでバランスを保ちます。

だから、歯が噛むことだけのは大違いなのです。いつまでも自分の歯を大切にしましょう。『歯科機械
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エアタービン | トップ | 口臭が予防できる食べものを... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。