歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯を抜かない矯正治療を考えます

2017-03-20 15:37:25 | 日記
矯正装置(ブラケット)を歯の表側に装着し、そこにワイヤーを輪郭づけして歯を動かす従来の矯正法で、1~2年かけてじっくりと矯正していきます。『歯科材料 通販

 以前は金属製のブラケットが主流でしたが、当院では見えるところに透明のブラケットを使用しています。動かす必要がある歯のみに装置を装着する部分矯正も行っていますので、ぜひご相談ください。まず第一選択として、歯を抜かない矯正治療を考えます。医療機器 歯科それは、インプラント矯正等の最新の技術により可能となったものです。ただし、口元が出てお顔のバランスが悪くなる場合や歯列が歯ぐきの骨の中に納まりきらないことが予想される場合では、ご相談の上、抜歯を選択することもあります。『歯科用品

 「矯正は痛い」というイメージをお持ちの方も少なくないと思います。確かに、装置を着けたり調整した後、3日くらいは歯が浮いたような感覚で食事の際に痛みがでたり、口内炎ができてしまって痛いということもあります。

 使用するワイヤー(装置に通すもの)の95%は超弾性、形状記憶という性質を持っています。簡単に言うと、非常に柔らかく、弱い力を継続的に歯に伝え、元の形に戻ろうとする力により歯を動かします。これにより、歯にあたえるダメージが最小限となり、痛みも少なく、且つ効率的に歯を動かすことができるのです。これは、本来曲げたり調整不可能な超弾性、形状記憶ワイヤーを、ヒートベンダーという機器によって処理し、調整可能とするもので、使用できる矯正歯科は決して多くありません。『歯科通販

 また、口内炎対策には万全を期します。この歯科用ルーペは口をよく見えます。予防としてのサプリメントをおすすめしたり、口内炎ができてしまった場合は早期治癒を促す軟膏を処方し、装置にカバーをして患部に当たらないようにするなどの処置を行います。現在の矯正歯科界のメイントピックの1つに、ローフリクションという概念があります。これはその名のとおり低摩擦ということです。そのやり方で有名なのが、アメリカの矯正歯科医デュイット・デーモン博士が開発した『デーモンシステム』です。

 具体的には従来、歯に装着したブラケットにワイヤーを縛りつけていたのを、縛りつけず自由にすべることを可能にしたのです。それにより、歯にかかる負担が少ない、歯列の拡大がしやすく非抜歯矯正に有利、若干治療期間が短縮されるなどのメリットがあると言われています。(ただし、一部広告等で謳われている、『30%早くなる!』などということはないと思われますが).『歯科材料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 口臭が普段より強くなりますが | トップ | 口腔乾燥に関連した咀嚼嚥下... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。