歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯が汚く見える原因

2017-01-04 17:12:26 | 日記
自分の歯が汚く見えるのではないかと心配になっている方も多いのではないでしょうか。せっかく毎日歯を磨いているのに、歯が汚く見られてしまうと残念だと思いますね。歯についての日常ケアでは、定期的にクリニックで超音波スケーラーなどで手入れください。『パルスオキシメーター

  今日は、歯が汚く見える原因についてお話しましょう。

原因一:ステイン(着色)が付いている
  紅茶・コーヒー・カレー・ワイン・タバコなどのステインによって歯が汚く見えてしまうことがあります。ステインは歯磨きだけではなかなかきれいに落とすことができません。爪や髪をプロが手入れをすればきれいになるように歯医者で歯科衛生士がクリーニングをするときれいな歯になります。『超音波スケーラー

原因二:歯石が付いている
  歯石によって覆われている歯は、とても汚く見えてしまいます。歯だけでなく、歯茎も汚く見えたり、口臭もあり、不潔な状態です。歯医者で歯石をきれいに落とせば、清潔感のあるきれいな歯になります『生体情報モニタ

原因三:被せた物が劣化している
  保険のプラスチックの被せ物は2、3年ほど経つと黄色く変色してきます。そして土台に金属を使っているために、根元や歯茎が黒くなり汚く見えてしまいます。機能的には問題はありませんが、歯をきれいにするには変色や劣化する金属を使わないオールセラミックなどの治療をお勧めします。『ハンドピース

原因四:歯並びが悪いと汚く見える
  歯並びが悪いと歯が汚く見えます。日本ではまだ八重歯が可愛いと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、先進国で歯並びが悪いと相手に汚いイメージを持たれてしまいます。歯並びがきれいなだけで得することも多いのです。『エアーコンプレッサー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯のない人生を送るためにも | トップ | 歯からの不快な臭いや口臭を... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。