歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯ができるのは単一の原因ではなく

2017-03-06 17:02:53 | 日記
保険の入れ歯とそうでないものは、どう違うのでしょうか?『歯科材料
型の取り方の違い、素材の違い、製作方法の違い、技術の違い、といったことが上げられると思います。より自分に合った入れ歯を使いたい、しっかり噛みしめたい、見た目にも気にならない入れ歯がいい、といった方であれば、保険外の入れ歯を検討してもよいでしょう。

歯が抜けましたが、放っておいても大丈夫ですか?
噛み合うべき歯がないだけで、噛み合わせは狂ってしまいます。自覚症状はなくても、失ってしまった歯を補う必要があります。そのまま放っておくと、いざ入れ歯が必要になったときに、うまく入れることができなくなる可能性もあります。『歯科器具

入れ歯を長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょうか?
定期検診を受けることが一番です。そして、毎日のお手入れをしっかりしましょう。また、入れ歯は高温に弱いので、お風呂は大丈夫ですが、サウナに入るときは取り外した方が良いでしょう。

ムシ歯ができるのは単一の原因ではなく、口の中の細菌、糖類の摂取、歯の質や唾液の性質が複雑にからみ合って発生します。しかし、直接ムシ歯を起こすのは歯垢(プラーク)の中の細菌です。『歯科機械

歯垢(プラーク)という言葉はみなさんも聞いた事があると思いますが、何となく、食べカス、磨き残しといったイメージではないのでしょうか?そうではなく、歯垢とは、口の中のあらゆる細菌が、歯の表面に集団を作って棲みついている状態。細菌の巣というか、いわゆる細菌バイオフィルムなのです。

イメージとしては細菌たちが歯の表面にテントを張って、自分たちの住み易い環境を作り、そこに居座ってどんどん繁殖していくという感じですね。歯垢の中には口の中のあらゆる細菌が居ますが、その中に、ミュータンス菌など、ムシ歯の原因になる菌はムシ歯を引き起こし、歯周病の原因になる菌たちが、歯周病をひき起こすのです。つまり、口の中の病気の原因は,歯垢(の中に居る細菌)という事ができるでしょう。『歯科機器
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白く輝く美しい口元 | トップ | 産まれた時には虫歯菌を持っ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。