歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

歯間ブラシを試すことができます

2016-10-19 16:53:31 | 日記
誰でも綺麗で、健康的な歯がほしいです。健康な歯をしている人は、実は見た目も自然と美しくなります。

一 正しいケアを身につけて、歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュが不可欠です。『ハンドピース

 実際には、歯ブラシとデンタルフロスの機械的な作用はプラーク(口腔内におけるバイオフィルムは虫歯や歯周細菌になる原因です)を除去します。歯磨き剤は界面活性剤と研磨剤としても補助的な役割を果たしています。フッ素入りの歯磨き剤は虫歯予防にも大切です。マウスウォッシュは条件があれば、一日2回ほうがいいです。

二 歯ブラシの選択について『エアーコンプレッサー

 歯ブラシの選択については、プラークを清掃してどんな歯ブラシでもいいけど、軟らかめの歯ブラシでの口内ケアが大切です。しかし、タバコのヤニやお茶の汚れ等色素にとって、少し硬い歯ブラシがほうがいい思います。普通のブラシしても、電動歯ブラシしても、磨きすぎると、正しく使わないと、歯茎を傷つけることにもなりかねないのです。『生体情報モニタ

三 デンタルフロスについて

 歯と歯の隙間は歯ブラシだけで完全に汚れは除去できない、プラークが残っており、歯周病を引き起こす原因となります。このとき、デンタルフロスは重要な作用があります。もしかして、歯周病や先天性の原因で歯と歯の隙間は大きい場合、歯間ブラシを試すことができます。『超音波スケーラー

 デンタルフロスは歯垢を取り除くツールです。正しい使わないと、血が出る場合もあります。使うときはいくつか注意してください。

1 鏡を見て場所を確認しながら歯肉を傷けないように使用ください。
2 子供の虫歯予防のため、デンタルフロスが必要あります。でも、子供自分できないときには保護者の方がしてあげます。
3 使い方がわからない場合は、歯科医の指導を受けます。『パルスオキシメーター
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周ポケットの深さを調べます | トップ | マウスピース矯正は »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。