歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タービンのお手入れについて簡単に紹介

2016-12-13 16:57:52 | 日記
タービンハンドピースは歯科医院・歯科診療所にとって不可欠な歯科器具といいます。交差感染予防するため、タービンの寿命を延ばすため、日常のメンテナンスが必要です。今日はタービンのお手入れについて簡単に紹介させていただきます。『スケーラー

 まず、バー等は回転が完全に停止してから、ハンドピースよりバーを取り外します。
 二点ご注意してください。チャックやヘッドキャップが損傷し寿命が短くなりますから、ハンドピースが回転している状態で、バーを外せないでください。
 もう一つは、バーの取扱い説明書に薬液洗浄ができる場合は、その手順に従ってください。しかし、薬液に浸したバーは、十分に水で洗い流し、ワイプで水分を取り除き、滅菌後、ハンドピースに装着してください。水洗を行わずそのままハンドピースに装着すると、バー表面に残った薬液がハンドピースのチャックに付着し、チャックの保持力が弱くなったり、寿命が短くなります。『小型エアーコンプレッサー

 次、ハンドピースの表面に付着している血液や汚れをワイプで拭き取ります。

 それから、ハンドピースをモーター、カプリングから外します。ヘッドとシャンクが分離できるものは、ヘッドを取り外し、別々に手入れを行います。『口腔内カメラ

 最後、水道水の流水下でハンドピースの外側の汚れを洗浄します。注意、洗剤や薬液を使用しないでください。また、超音波洗浄は行わないでください。

 また、タービンの水の出方が詰りがありましたら、専用のクリーニングニードルで、力を入れないで軽く突っつくレベルで清掃してください。

 簡単に説明いたしましたが、皆さんにお役に立てば嬉しいと思います。『マイクロモーター

奥歯には溝があり、むし歯ができやすいところです。この溝をシーラントでガードすることで、むし歯を予防できます。保険適用内の治療方法です。はがれてしまうこともあるので、定期的に検診する必要があります。

これらは初期のむし歯治療としても行われている方法です。フッ素塗布やシーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯ができなくなるわけではありませんので、日常のケアもしっかり行いましょう。『オートクレーブ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がんの三大療法のひとつ免疫療法 | トップ | 根管長測定器って皆さんご存... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。