歯科医療機器

歯科用医療機器データベース

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

義歯床で義歯を支えます

2017-01-25 15:53:10 | 日記
ノンクラスプデンチャーは、金属のバネを使わず素材の弾性で歯ぐきにフィットする、快適で体と心にやさしい入れ歯です。部分入れ歯をお使いの多くの方を悩ませている「金属のバネ」がないので、見た目がとても自然。また「健康な歯を削る必要がない」「装着時の違和感が少ない」「割れにくい」などの優れた様々な特徴を持っています。『超音波スケーラー

金具を一切使わない部分入れ歯であり、 素材は柔らかく大きく曲げても割れることがありません。 また金具を使わなく、素材は歯茎と同じピンク色なので、 装着していても目立たないのが特徴です。ただすべての部分入れ歯にできるわけではなく、 その症例が限られているのが欠点で、 その素材の関係から、だいたい3年ぐらいしかもたないため、 また新たに作り直す必要があります。

現在義歯を使用している方はわかるかと思いますが、部分義歯には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具が付いています。この金属製の金具が審美的に問題を起こすのです。『歯科レントゲン

一時期メディアで取り上げられたため、ノンクラスプデンチャーを希望する患者や、それに対応した歯科医院が増えましたたが、ノンクラスプデンチャーを入れる人が多くなっていくにつれ、 その長所や短所が多く発表されるようになってきました。

『ノン・クラスプ・デンチャー』は、金属製の金具の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。そのため、口を開けてもが金属製の金具見えないので、審美性に大変優れています。『歯科 ユニット

さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化するのが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。日本では最近になって知られるようになりましたが、アメリカでは50年以上の実績があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫歯や歯周病が重度まで進行... | トップ | 義歯を削ったり磨いたり »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。