『穀菜食堂 なばな』

尼崎の安心おやつとお弁当の店。季節のもの、地元の食材を大切に、一つ一つ手作りしてます

メディカルアロマクラフト「夏の紫外線ケア*水分補給のためのアロマローション&ホワイトニングジェルをつくりましょう」~終了しました♪

2017年06月13日 | ┗なばな主催ワークショップ/ランチ会

前回のアロマクラフト「ペットと一緒に使える虫よけスプレー&かゆみ止めクリーム」作りから、ちょうど一カ月。
今回は、「夏の紫外線ケア*水分補給のためのアロマローション&ホワイトニングジェルをつくりましょう」というテーマで、メディカルアロマ講座を開催しました。
*****************************
「メディカルアロマ」とは・・・?
もともと薬は、植物から作られています。ですから、基本的にメディカルアロマで作れないものはありません。
一般のアロマは、精油の中に入っている成分が明らかになっていないものが多いですが、メディカルアロマは、成分を明らかにして、薬として処方するという薬効を目的としています。
植物なので、紫外線のカットはアロマではできないのですが、日焼けした後のケアはできます。
また、農薬や防腐剤などの残留検査をクリアした、安心してお使い頂ける精油を用います。
*****************************
今回も講師には、ヒーリングサロン Leyline Prismを主催されている赤山美香さんにお願いしました。
日本メディカルアロマ協会のアドバイザーの資格をお持ちです。
美香さんもブログに講座の様子をまとめてくださってます。よかったらご覧ください^^


メディカルアロマの特徴は、精油ひとつひとつの成分がはっきりしていて、農薬や防腐剤の残留検査をクリアしてるところ。
赤ちゃんから動物まで安心して使えるそうです(猫にセージはNGなど、例外はあります)。

同じラベンダーでも、種類によって含まれる成分は様々。
利用目的に合わせて使い分けます。
成分表って、妙にわくわくしますね!


基本的な説明のあとは、実際に精油をブレンドして、アロマクラフト作り。
今回の講座では、
「水分補給のためのアロマローション」、それから「ホワイトニングジェル」を作りました。
その他、ご希望の方はオプションで様々なクラフトを作って頂けるのですが、私も「女性ホルモンのバランスを整える」ジェルを作りました。
香りも気持ちよくて、相性が良さそうです。


アロマクラフト作りのあとは、おしゃべりしながらデザートタイム♪
今回は、白キクラゲとドライフルーツを使った「フルーツコンポート」をご用意しました。
メープルシュガーであっさりとした甘みをつけて。


ここで白キクラゲについてご紹介。
中国語では「銀耳(ぎんじ)」と呼ばれる高級食材で、薬膳でも使われる美肌の味方なのです。
その効果は主に、
・うるおいを補う保水効果
・抗酸化作用
などが挙げられます。
食感は、始めはコリコリしてますが、煮込むにつれてぷるっとした感じに変化していくのです。
見かけたら、スープやデザートなどで取り入れてみてくださいね!

↑ いかにも白肌になれそうな。。。

そして、こうなりました(笑)


*****************************
衣食住、それから美容や医療まで。
植物の力を頂いて成り立っている、私たちの生活。
今週の土曜日(6/17)は、尼崎を流れる猪名川上流のブナ原生林を歩きます。
主催は、いつもお世話になっている八百屋オーガニッククロッシングさん。
くわしいイベント情報は、こちらをご覧ください。

そして、6/30(金)午後3時~は、「竹パウダーを使ったコンポスト」についての講習会をなばなで行います。
台所から始める小さな循環の輪を、繋いでいきたいと思います。
詳しくは間もなくご案内します。
ぜひ、たくさんの方にご参加頂けますように^^


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ”メディカルアロマ”で夏の紫... | トップ | パピーサブ、本日11歳になり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。