取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

言葉は人々を接近させる

2016年12月24日 14時38分28秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
★読書は言葉を覚えるだけでなく、いろいろな“生き方”と出会える。
そして落ち着いた性格の児童を育ててくれる。
★未来を開きゆく子どもたちの心に、「希望の種」を、「精神の滋養」を。
★読書を通して、表現力を高め、落ち着いて物事に取り組む姿勢を身につけてほしい。
★読書の経験は人生を豊かにする。
本をひもとくことにより、自分にある未知の可能性の扉を開くことができる。
★一冊の良書が心を育み平和をつくる。
★言葉は人々を接近させる―トルストイ
★人権文化の構築は、一段と大切な課題になっている。
★子どもたちを信ずることは、未来を信ずることだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SMAP 「スタッフワーク」 | トップ | 自分の感情に気付くことが大切 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL