取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

傍若無人

2017年05月19日 18時25分20秒 | 日記・断片
人間はかくも簡単に亡くなるのか?
台宿の雇用促進住宅の近くに住む山崎さんのことである。
中学の同窓生たちと行った温泉地のホテルの風呂で急死したのだ。
悪友の小菅君と度々「おい、山崎酒飲ませろ!」と傍若無人に自宅に押し掛けたものだ。
奥さんは嫌な顔せず、酒、ビールを運んで来た。
小菅君は顔が灰色になり、50代で亡くなった。
小菅君とは喧嘩もした。
互いに深酒の自制がきかず、タクシーの中で口論となる。
「おい、降りろ。殴ってやる」と小菅君は突然荒れたが、当方は逃げた。
深夜2時ころ、約2㌔歩いて帰る。
彼はトラックの運転手で、ある時の早朝。
紙袋が道路に落ちていたのでトラックを止めて確認したら、何と紙袋に300万円が入っていた。
「幸運!」とつぶやき、届けない。
「本当なのか?!」と居酒屋で草野球仲間が聴くが、「届けるもんか。俺が財布を落とした時、届いてなかったんだ。
当然、いただきよ!」とニヤニヤ笑っていたのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒吉乃川 | トップ | 連休の過ごし方は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL