取手通信・ツール・ド茨城の実現へ 利根輪太郎

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

肌感覚で吸収できるのが、童謡の魅力

2017年06月09日 12時13分37秒 | 医科・歯科・介護
-童謡で大切なことは?
子どのようなピュアな心がないと歌えません。そのためには、普段から自分自身の内面と向き合って、妥協や偽りを排した、まっすぐな生き方をしていく必要があると思います。
-童謡が世代を超えて親しまれるのはなぜでしょうか?
歌の中に、普遍的で、人生にとって大切な哲学などが詰まっているからだと思います。親しみやすい音楽に乗せて、肌感覚で吸収できるのが、童謡の魅力だと思います。
童謡・アニメソングシンガー・たいら いさおさん

ウイルスh、遺伝子をタンパク質の殻で包んだだけのシンプルな構造をしています。
遺伝子を持っていますが、細胞のように分裂して増えること、つまり自分で子孫を残せないため、非生物に分類されます。
ウイルスは、タンパク質を合成できないため、自力で増えることができません。
そこで生きた細胞に感染し、細胞の資源を使って自己複製を行います。
それは、設計図を他社の工場に持ち込み、勝手に機械や電気を使って自分のものを作るようなものです。

<人生を自己の信ずるものに賭けて戦いぬいた人、信念に殉じた人生ほど、尊いものはない>

<弱い心に負けて、弱い心を基調にして、それに従ってはならない>

戦後6年、多くの人たちが生活の困窮から抜け出せず、苦しんでいた。
<母親が皆、幸せになった時に、本当の平和の世界となる>と励ました人がいる。
その先見性に驚く。

<これたらの人生は、自分のためだけではなく、人のために役立っていこう>と友たちと決意する。

<互いに支え合い励まし合う>
地域のネットワーク、また他者や地域への積極的な関わりが、大災害の際に行政など他の組織の役割を補完する、非常に有益な情報と救援ネットワークtなる。


紛争を無くすために、これまで経済・外交・文化の面からアプローチが、国家や民間でとられてきた。
しかし現実には、いまだ戦争はなくならない。

今、生徒だけでなく教員までが、心身に不調をきたす人が年々増えている。
生徒の幸福と教師自身の幸福を確立するためには教師が自らの心を変革する<人間革命>が必要だ。

<逆境にあっても抵抗する能力とその精神>
<結束力>
<仁愛(慈しみ)>
<人類全体のレジリエンス(困難を乗り越える力)>
<人間の善性>へ確固たる信頼。
<平和で公平かつ包摂的社会の実現>
<同じ地球に共に生きている>との思い。
<分断や格差の拡大を乗り越える社会の土壌づくり>
<どんな困難に直面して、状況を好転させる力>
<教育のための地球社会>

<人は病だから不幸ではない。病があろうが、希望をいだき、挑戦の心を燃やし、自分に敗れなければいいのだ>
<人間革命による自らの境涯の拡大>

国と国との交流であれ、<一人>と<一人>の対話から始まる。
差異を乗り越え、互いに抱く先入観が払拭され、必ず友好を結ぶことができる。
必要なのは、どこまでも情熱をもって、誠実に語り抜いていくことだ。

<生命尊厳の理念>

<個人、地域という小さな単位から出発した取り組みは、やがて生命尊厳と平和を希求する時代への大きな流れを創ることができるはずだ>




「皆さん、俳句は難しいと思われてますが、違います。まず歳時記を買ってみてください。(中略)人生は変わります」
「俳句って自由なんです」





若き女性が確固たる哲学を持つことだ。
いかなる宿命にも負けない、強き生命力を持つことだ。

生命の哲学を持つ女性は、どんな試練も宿命も必ず打開できる。
恐れるものなど断じてないのだ。
苦難は、乗り越えるためにある。
境涯を開くためにある。
自身と家族の幸福を築くのも、目に前の悩める友を救うのも、貴女の<勇気>から始まる。

自分が人と会って人脈を広げる。
行動なき決意は空想
誓いは果たしてこそ誓い

社会を変える、時代を変えるといっても、究極は<勇気>

一人一人が自らの課題に<挑む>

<白衣の天使>の象徴であるフローレンス・ナイチンゲール。
「天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する者のため戦う者である」

人生に勝利を導くのは、<強き一念> <圧倒的勢い> <執念の行動>である。
不屈の精神が不可欠。

生命の脆弱性が、人を自殺へ誘惑する。
子どもたちの生命の復元力を如何に育てるのかが、教育の命題。



<苦手なところに挑戦を>
<何事にも全身で挑戦する>

まず、大切なことは<対話>だ。
対話こそ暴力を解決できる<治療薬>
単に解決策を得るためではなく、幅広く交流することで、どんな相手とも共に手を携えることができる。
それぞれが異なる物語を生きていると同時に、全員が一つの物語の奏者でもある。
そのことを知るべきだ。
また<人を魅了し引き付ける力>を持つことも大事だ。
他者に何かを強制するのではなく、自分に引き付けていく。

まず構想を描く。そして、そこから現実を開いていくかを考えていくのだ。
現状追随的な意識を打ち破ることだ。

その魅力を培うことだ。
重要なのは<一対一の確かな友情>だ。
直接の語らいの中でこそ、かけ替えのない友情は築ける。
人々が共に生きていく場所を築いていくのが<ポリシー・政策>なのだ。
宗教が政治に倫理や人間としての価値を提供している。
宗教者は社会に出て行かないと、<神院信仰>になってしまう。
祈るとともに、私たちは積極的に他者と関わるために、町に出て行かなければならない。
より良き社会のために、なすべきことを行動に移すことが大切だ。

<人間自身の変革があってこそ、社会の改革が実現する>

二度と戻らない、<今日>という一日は、かけがいのない一日なのでる。
<労働・学業>の時間が増加。
家族・友人との<会話・交際の時間>や<行楽・散策>が減っている。
他者と触れ合、心通わせる時間は減少傾向にある。
<忙しい、忙しい>と気ぜわしく生きている。
充実感より、披露感ばかりが蓄積してしまう。
自他共のの幸福のため、価値的に、心豊かに時間を使いこなす生き方を目指したい。

命を削る思いの<渾身の闘争>は、一念次第で、何倍もの価値を創造できる。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俳句を学ぶと人生が劇的に変... | トップ | 6月9日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医科・歯科・介護」カテゴリの最新記事