取手通信・ツール・ド茨城の実現へ 利根輪太郎

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

野球ファンと競輪ファンは、基本的に違う

2016年10月15日 08時13分06秒 | 未来予測研究会の掲示板
「言ってもはじまらなにのであるが、ファンあっての競輪選手なのだ」と利根輪太郎は期待していた。
だが、全然、選手たちはそのことが分かっていないのである。
野球ファンと競輪ファンは、基本的に違う。
競輪ファンは常に選手の走りにお金をかけているのだ。
そのことが、どれほどシビアに競輪選手たちに浸透しているのだろうか?
ファンに支持された本命選手が、無謀にも逃げてしまう。
例えば1・5倍の堅い本命車券は瞬間的に紙屑同然になるのだ。
バンク1周半を逃げて、勝てる選手などまずいない。
あるいは、本命選手が勝負どころで、7番手、8番手後方に置かれる。
自転車の長さと車間が2㍍以上として、大きく出遅れて勝てるはずがないのである。
脚力が拮抗していれば、なおさら。
走る格闘技でもある競輪競技は、邪魔をされたり、抵抗されるのだ。
つまり、選手たちは力どうりにまともに走れない。
推理が及ばないアクシデントもある。
それが落車である。
ギャンブルの所以なのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地獄に仏の出現 | トップ | 箱根駅伝予選会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

未来予測研究会の掲示板」カテゴリの最新記事