取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

1・カゼ予防に冬だけビタミンDを使って見る

2017年02月12日 09時17分03秒 | 医科・歯科・介護
こんにちは!吉田歯科診療室の吉田格です。

3月4日のオープンセミナー + ミニパーティーの事前登録が始まり、すでに定員の半分以上のお申し込みがありました。たいへんありがとうございます。

で、その定員は30名です。本当は30名も入れないかもしれないのですが、しかし30名です。お早めにご登録くださいね!

当日はどんなふうにするか、スタッフとアレコレ知恵を絞っています。私もたいへん楽しみにしています。

オープンセミナー vol.62《歯科治療に必要な抗酸化療法》+開設20周年記念ミニパーティーは、3月4日(土)17:45より。詳しくは以下からどうぞ。
  ↓  ↓  ↓
http://y-dc.org/information/open-seminar.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1・カゼ予防に冬だけビタミンDを使って見る
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前々回のメールニュースでも触れましたが、とにかくインフルエンザをはじめ、ノロウィルス・カゼが多いですね。当診療室でも体調不良で診療をキャンセルする方が続出です。

カゼをひくのは「運が悪いから」だと思っている方がまだ大半と思われますが、実はそうでもありません。免疫の高低で差がつきます。つまりあなたの栄養素を解析すれば、カゼの予防法はかなり現実的なものとなります。

しかし検査をしたり、アレコレ考えるのは嫌だという面倒くさがり屋さん、そんな方にはあてずっぽにはなりますが、冬の期間だけはビタミンDのサプリメントを使ってみてはどうかとお話ししています。

・ビタミンDの効果に期待する《Blog:歯界良好》
 https://y-dc.blogspot.jp/2016/03/d.html

ビタミンDは骨に関わるものと思われていますが、実はそれだけではなく、免疫活動にも重要な役割を担っていることがわかってきました。これはそのままウィルスに対抗するだけでなく、花粉症対策にも有効です。

本当は「25OH vit-D」という、ビタミンDのちょっと手前の物質を検査で測ってからやりたいのですが、どうせ冬は日光に当たらないので体での合成は期待できません。普段の食事からも、まずビタミンDが足りているかたはおられません。ですからある程度は安心して使うことができます。

ただし注意しなくてはならないのは、サプリメントは必ず「非活性型」を使うことです。ビタミンDは活性型になるとホルモンと同様の動きをするので、勝手に活性型を飲むと暴走してしまいます。

ビタミンDの副作用が報告されていますが、これはみな活性型を使ったときの話です。必ず非活性型を用い、体内で必要量だけを活性型に変換させるようにします。これはビタミンAも同様です。

戦後に多かった「くる病」がまた増えていることから判るように、ビタミンDの摂取量は急減しています。

・「くる病」が来る!?顕在化する栄養失調《Blog:歯界良好》
 https://y-dc.blogspot.jp/2015/07/blog-post.html

この冬に体調を崩して大変だったかた、ビタミンDを見直して、来冬こそカゼ知らずのシーズンを過ごしてみませんか?

そうそう、当診療室で扱っているビタミンDは、もちろん非活性型です。インプラント治療や歯周病治療の方にもたいへん有効です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2・インプラント周囲炎の原因は単なるメンテナンス不足なのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私たちが「インプラント周囲炎」の治療に力を入れていることをご存知でしょうか?あ、知らないですよね。ぜんぜん宣伝してませんから…

けど、多いんです。インプラントの周りの感染が進むケースが。

理由はいろいろあるのですが、しかし世の中では原因は一つと言われています。それは「メンテナンス不足」です。つまり「100%患者のせい」的な論調が歯科界では一般的です。

しかし私はぜんぜんそうは思っていません。

・インプラント周囲炎の原因は単なるメンテナンス不足なのか?《y-dc.org》
 http://www.y-dc.org/wp/periodontitis-implantitis/implantitis-poor-maintenance

やはり患者さんの栄養の過不足を事前に正しく評価して対策を打っておくべきだと思うのです。こういう考えかたが普及するにはまだまだ時間がかかります。地道にがんばります!

なお、関連した話題は去年の11月26日付のメールニュースでもお伝えしております。
 https://y-dc.blogspot.jp/2016/11/161121.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3・情報ピックアップ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A・星野佳路「1日1食主義で思考がクリアに」《日経スタイル》
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO12350870R30C17A1000000?channel=DF140920160927&n_cid=DSPRM1489
…1日1食って、考えられない人が多いと思います。しかし食べ物が変わればそうなれるんですね。

B・キムタクに脳腫瘍は治せるか?医療ドラマ8つの嘘《読売オンライン》
 http://www.yomiuri.co.jp/entame/ichiran/20170202-OYT8T50019.html?from=ytop_os1&seq=02
…私はテレビはほとんど観ませんが、スポーツと医療ドラマは観たいと思ってます。ウソも多いようですが…

C・【ライザップ】糖質制限中のコンビニ飯完全対策マニュアル《ぐりぶろぐ》
 http://www.gurinovation.com/entry/convinidiet
…どうしてもコンビニ中心の食生活にならざるをえない、しかし選択肢は本当に増えてきました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4・このメールニュースをお友達に教えよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンテナンスを標榜する唯一の歯科医療機関である私たちは、健康情報を積極的に発信して行きたいと思っており、このメールニュースもその一環です。ぜひお友達にも教えてあげてください。読者登録はこちらからお願いいたします。→http://urx.mobi/yB7L


メインサイト http://y-dc.org
栄養療法専門サイト http://dentalnutrition.jp/
バックナンバーはBlog:歯界良好で https://y-dc.blogspot.jp
インタビュー http://y-dc.org/information/interview.html
空き時間情報はtwitterで https://twitter.com/ItaruyTwit
お問い合わせ http://y-dc.org/index.html#mail_form
=============================================
吉田歯科診療室 デンタルメンテナンスクリニック
代表 吉田格
〒104-0061 東京都中央区銀座 3-11-16
VORT銀座イースト 2F
TEL 03-3248-0418 FAX 03-3248-0417
=============================================
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月11日(土)のつぶやき | トップ | 2月5日のメモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医科・歯科・介護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL