取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

「文字」には人を救う力がある

2016年10月19日 22時37分08秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
★自らの意思で、自らを創り上げようとする中に、人間の輝きがある。
★多くの人に生きる哲学を語る。
★自分一人だけの喜びは、まだ本当の喜びではない。
人も自分も共に喜び、讃え合えることが、最高の喜びになるのだ。
★大事なことは「持続」である。
何があっても、信念を貫き、友と共に行き抜くことだ。
★「人間的であること、精神的であること、道徳的であること」が人生のモットー。
人生を生きるうえでも、政治を行ううえでも、「人格の純粋性」が大切である。
★個人の内面、精神の世界に平和が確立されることが根本であり、それを全人類にまで広げていくことだ。
★「文字」には人を救う力がある。
★自分が変われば、環境が変わる。
★どのような悩みにも意味がある。
悩むことは悪いことではない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞週間10月15日~21日 | トップ | 矢野川怜(テイチクレコード... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL