取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

すべては、現在のわが一念にある

2017年07月27日 11時34分21秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
人生の最大の目的は?
人のために役立つことをする。

「学ばない人は卑しい」
「学ばない人は貧しい」
社会で指導的立場にある人は、常に学ぶ姿勢が大切。

真実の人生を深く追求して生きる。

自分が決めた目標へ努力する姿勢が大切。
たとえ紆余曲折があって、できなかったとしても、
結果は後からついてくる。

「何事も辛抱と忍耐が第一。一度や二度うまくいかなくとも、決して挫折してはならない」哲学者・西田幾太郎(きたろう)

自身の無限の可能性を確信することだ。
すべては、現在のわが一念にある。

人生とは何か?
何かで使命を果たすことだ。
われわれは、使命を果たすために、生を受けたのである。

民衆が権力によって抑圧される社会から、民衆が主役となり、民衆の幸福を根本とする社会へと転換していけるかどうかだ。
そのためには、民衆を目覚めさせることが不可欠。
「主役が誰か?」を民衆に自覚させることだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月25日(火)のつぶやき | トップ | 人生の命題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL