取手通信・ツール・ド茨城の実現へ 利根輪太郎

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

取手競輪場で初めてのG1レス

2017年02月17日 09時17分14秒 | 未来予測研究会の掲示板
第32回全日本選抜競輪

利根輪太郎は、この日が来るのを心待ちにしていた。
松戸競輪場では、何度かいわゆるG1レースが開かれてきたが、地元の取手競輪場で初めてのG1レスの開催である。
取手駅西口のバス停には、係員が3名も居て、競輪ファンを誘導していた。
バスに乗って、女性客が数人乗っていることに驚く。
老人ばかりの何時ものバスの車内の雰囲気ではなかった。
しかも、バスは東門ではなく、西側の正門へ到着した。
ガードマンは女性も含まれていた。
その数は普段の10倍くらいであろうか。
立て看板も多い。
多くの出店や臨時のテントの休憩場、臨時の車券売り場。
和服姿で大子町などの観光大使も来ていた。
若い女性たちの姿も目立っていた。
場内全体が華やいだ空気に包まれている。
ゴール前のスタンドも満員であった。
開会式に間に合うように家を出たが、9時55分ころに開会式が行われた。
歌手の松崎しげるさんが国家斉唱。
すごい高音と声量に大歓声があがる。
8レースの発売時間帯に、松崎さんが特設舞台で3曲歌った。
写真撮影、録音、録画が禁止と司会者が注意した。
宮元武蔵は指定席に居たようだ。
「さかえや」でいつものように、甘酒に日本酒を混ぜて飲み、知人たちとテレビ観戦。
娘、孫娘を含め何時もより店を手伝う人は増えていた。
店の外にも席が設けられていた。
店は繁盛し、活気に満ちてきた。
地元の武田豊樹選手がまさかの敗退。
2着に来れば車券的中したのだが・・・・
裏目で負けたレースが。











地元を代表して武田豊樹選手が挨拶







ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病室が夢にも出てきた | トップ | 「万人の尊厳」の法理 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さかえや (鯨ぬま)
2017-02-17 18:08:00
ご来店ありがとうございました。また、
甘酒の日本酒割り、飲みにいらしてください。お待ちしております(^-^)v

コメントを投稿

未来予測研究会の掲示板」カテゴリの最新記事