取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

「漁夫の利」

2016年10月18日 17時33分48秒 | 創作欄
競輪は走る格闘技であるので、失格すれすれのラフな競り合いもあるレース展開ともなる。
「漁夫の利」という表現を東剛志は実感しながら、車券師の道を歩んできた。
つまり、脚力上位の選手が脚力どうりに勝てるわけではない。
展開と仕掛けるタイミングに左右されるので、不確定要素が多い。
このため、9人で走るのであるが、車券は穴になりやすい。
それゆえに高高配も期待できるのだ。
東剛志は「漁夫の利」を想定しながら、買うべき車券の検討してきた。
力が拮抗した選手が二人レースに乗ってきた場合、やり合う場面、牽制しあう場面ともなる。
そこで「漁夫の利」を得る選手が台頭するのだ。
相手が強すぎるので、作戦の立てようもない場面である。
第三の立場の選手は、ダメ元で追い切り前で走るのである。
本命に推された実力一番の選手と言えど、ライバルを意識しすぎて、仕掛けるタイミングが遅れる。
しかも、後方や中断の位置でもがき合う最悪の展開となり、脚力をロスする。
勝負どころの4コーナーや直線で最大の瞬発力を発揮すべきところ、その余力を失う状況となる。
意地となって、相手のラインを前に出させない場合も多い。
「バカだな。行かせろ。何であんなところで競り合うのだ」と多くの競輪ファンは腹立たしくなる最悪のレース展開となる。
あるいは、本命ラインが逃げてしまう。
逃げて勝てるわけではない。
競輪は風圧に左右される競技であり、逃げたら惨敗する。
先行する選手の後ろが断然有利となる。
番手有利と競輪では評される。
だが、レースが追い込み(捲り)の展開となれば、番手選手は力が上位でないかぎり、2着となる。
軸となる選手が先行か追い込み(捲り)によって、結果は異なるのが競輪である。
利根輪太郎は東剛志が「漁夫の利」を狙って車券を買っていることを知る。
車券の軸となる選手を選び出す勝負勘、直感力が東剛志は非凡であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競輪談義をしながら酒 | トップ | 祈りが大切 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL