取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

<やり抜く力>

2017年05月12日 05時11分04秒 | 沼田利根の言いたい放題
仕事の適性

「自分の今の職場で全力を挙げて頑張ることだ」
嫌だと思う仕事から逃げず、努力しているうちに、最後は自分にうさわしい仕事に到達するものだ。
努力を重ねる。
その姿勢を貫く中で、あらゆる世界(分野)に通用する力が付く。
やがて進むべき道も見えてくるだろう。
例えば野球、どのポジションでもこなせる-ことにも通じるはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を育む本 | トップ | 共産党の見識、無責任の姿勢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL