取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

共産党の見識、無責任の姿勢

2017年05月12日 05時13分33秒 | 沼田利根の言いたい放題
2009年、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、「国会での非難決議に反対した日本共産党。
2015年には「北朝鮮にリアルは危険はない」と志位和夫委員長が発言。
その2か月以内に核実験を北朝鮮が行い、今も弾道ミサイルの発射が続いている。
国際情勢の危機に対する共産党の見識、無責任の姿勢は何を示しているのだろうか。
同じ共産主義の北朝鮮を擁護するような姿勢、発言の共産党を支持する国民が少なくないことが不可思議。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <やり抜く力> | トップ | 還付金詐欺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL