取手通信・ツール・ド茨城の実現へ 利根輪太郎

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

戦前の日本に、逆戻りなのか?

2017年03月15日 13時40分36秒 | 社会・文化・政治
国内で年間1万5000人が受動喫煙で死亡している。
厚生労働省の推計数値を重く受け止めるべきた。
受動喫煙対策が先進国でも最低レベルの日本。

辺野古・高江の新基地建設反対運動のリーダー沖縄の山城博治さんは、昨年10月、米軍北部訓練場で器物破損容疑で逮捕され、長期勾留されている。
明治大学法学部特任教授のローレンス・レペタさんは、「長期勾留は国際人権法に反する」と断言している。
沖縄平和運動センター議長の山城博治さんが公務執行妨害などの罪に問われ、昨年10月 17日に逮捕されて以来100日を超える。
アムネスティ・インターナショナル日本は、山城さんの勾留が長期に及んでいることに強い懸念を表明する。
接見禁止措置即時解除と釈放を求める集会も。
戦前の日本に、逆戻りなのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生活はどうでもいい?!!」 | トップ | 3月15日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・文化・政治」カテゴリの最新記事