取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

北朝鮮の拉致問題は<疑惑>にすぎない

2017年05月17日 16時04分16秒 | 社会・文化・政治
「日本共産党と北朝鮮の朝鮮労働党は、もともと友好関係にあった」共産党の政策委員長を務めた筆坂秀世さん
「拉致という問題は国家犯罪であり、相手の国際犯罪を犯したと告発をするわけだから、よほどの足場を固めていかないと問題提起はできない」2000年10月の国会党首討論で共産党の不破哲三委員長(当時)が発言、北朝鮮の拉致問題は<疑惑>にすぎないと北朝鮮を擁護した。





















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国と北朝鮮による対話路線 | トップ | 人間外交 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL