取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

勇気と慈悲は表裏一体

2016年12月07日 22時17分52秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
★人の胸を打ちたいなら、まず自分が心の底から感動すること―それゆえに心から心へ伝わる。
★例え弱い人でも、助ける者が強ければ負けない。
友人、知人の助力はまさに「善知識」となる。
「悪知識」が充満する時代である。
「善知識」に出会えることは幸福である。
★「人間のさまざまな美徳の中で最もすばらしもの―勇気だ」アメリカ第35代ケネディ大統領
勇気ある者に学び、勇気ある者を模範によ、それ以外は必要ない。
★勇気がある者には、信念がある。
信念がある者は、信頼される。
信頼される者には、多くの友がついていく。
★仏法では慈悲を説くが、慈悲といっても、表は勇気である。
勇気をもって、行動に移してこそ、本当の慈悲なのである。
勇気と慈悲は表裏一体である。
★いじめを見過ごすのは勇気がないからだ。
そして慈悲があれば、いじめを制止できるはず。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の大腸がんをモニターで... | トップ | 臆病な人には、勝利は微笑まない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL