取手通信・ツール・ド茨城の実現へ 利根輪太郎

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

友の存在が障害を恵みに変えた

2016年10月11日 10時08分12秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
★肝臓破裂で出血多量。
生死の境をさまようも、手術が成功し、奇跡的に一命を取り留めた。
けがは、医師の経験からみれば極めて厳しい状態。
だが幼い少年は懸命に耐え、見事に生還した。
「彼は人間に備わる『生きようとする力』の逞しさを私に教えてくれました。その力を患者から引き出すことが、医療の役目であることを気づかせてくれたのです」
「彼こそが恩人です」
★「私にとってなによりも偉大な教師は、多くの患者である」
「治せる医師・治せない医師」心臓外科医のバーナード・ラウンさん
★友の存在が障害を恵みに変えた―ヘレン・ケラー
★「世界精神衛生日(メンタルヘルス・デー)」ストレスが重なる社会。
心の健康の大切さを皆が確認する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 師匠のいない人生は淋しい | トップ | 奥深い道理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事