取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

人間の内発的な力の開花

2016年10月29日 13時45分41秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
寛容の精神

★「寛容」の精神を世界に広めていくことが重要だ。
「寛容は“他者に尽くす”なかにある。寛容は“共生の積極的なかたち”である」
「寛容とは、他者との対話であるとともに、自己との対話だ。自分は偏見に囚われていないか、利害に囚われていないか、そう自分自身に不断に問いかけることだ」
★いじめは、人間の劣化の表れた。
大人が劣化しているので、子どもまで劣化している。
★人間の偉大さとは絶えず自己を再創造することだ。
★勝負は常に今ここから。
諦めの心を制し栄光をつかむことだ。
★人材の育成は、苦難の戦いのなかで築かれる。
★人生は聡明に朗らかに歩むもの。
★幸福と平和の実現には、たゆまぬ社会貢献が必要。
私たち一人一人が努力を開始することで、その輪は家庭や地域、そして世界へと広がっていくはず。
★人間の内発的な力の開花と教育の価値向上を。
★子どもの無限の可能性を引き出す、人間教育を期待。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若者はなぜ恋をしないのか? | トップ | 生み出す作品の評価がすべ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL