取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

文の根本は人間

2017年04月19日 17時28分15秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
技巧に拘泥せせず、芸術家自身の人格や精神性を重視する。
<多様な文化活動を通して、人間という根本を探究する。そうした絶え間なき往還作業があってこそ、創造力も増していくのではないだろうか>
現代社会で求められているのは、大いなる精神性である。
<文の根本は人間であり、人間の関心、思いやりである>

大きな目標に向かって心一つに切磋琢磨する。
そのなかで一人の力が最大できる限に発揮され、想像を超える大きな力となる。

できると信じればどんな困難も成就できる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治活動 | トップ | 成長を実感した時、人は歓喜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL