取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

「愚痴の人生に成長はない」

2016年10月01日 08時44分20秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
「対話」の要諦とは、いったい何か。
「世に至誠ほど、偉力あるものはない」渋沢栄一
至誠、つまり「誠実」の限りを尽くす以上の偉力な力はないのだ。
「至誠をもって、わが真心を表し、人と向き合うことだ。
そうすれば、いかに交際が下手でも、必ず、相手に心は通じる。小手先の策を用いる必要んsどない」
「心こそ大切」なのである。
「相手に真面目に真実を語る。そして心にあるものを訴えていく」
心を打つものは心だ。
人間の心を強く聡明にする。
かつて核戦争の恐怖に人類を震撼させ、東西冷戦の象徴的事件となった「キューバ危機」から半世紀。
「正義に無頓着な大衆より、たった一人の正義の人の存在が強いのです。真の勝利を得るには、まず精神の上で勝利することです」キューバ独立の英雄・ホセ・マルティ
「真剣な一人」「必死の一人」から、勝利の突破口は開かれる。
「一人立つ」勇者がいれば、そこから必ず状況は変えられる。
「豊かな人間性と強い確信」
「人生の逆境には勇気をもって立ち向かう。それは、結局、自分の弱さに打ち勝つことから始まる」
「愚痴の人生に成長はない」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「疑似科学」に過ぎない | トップ | 子どもの笑顔が輝く社会の建設へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL