取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

米国と北朝鮮による対話路線

2017年05月17日 14時43分32秒 | 沼田利根の言いたい放題
米国と北朝鮮が戦争状態(武力行使)になれば日本本土も韓国も無傷ではいあられない。
つまり、日本人の死者も当然、出るだろう。
では、どうするのか?
米国と北朝鮮による対話路線しかないのだ。
日本にできることは、対話を後押しすることだ。
北朝鮮は朝鮮を併合した日本が産んだ<鬼子>であるので、日本に責任がある。
沼田利根





























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平将門と取手 | トップ | 北朝鮮の拉致問題は<疑惑>... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL