取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

執念を持って取り組めるかどうか

2017年03月21日 09時12分36秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
その道を追求し、登り詰めた者が見た風景とは。
「技術やセンスは当然大事です。それよりも、執念を持って取り組めるかどうか。ここまでやるのか、というくらいでないと、いい写真は撮れません」
低山フォトグラファー・渡邉明博さん
若き日の渡邉さんはギャンブラーだった。

-------------------------------

取手ひなまつりの写真コンテストの写真が、取手商工会館に掲載されていた。
それらの写真を見て、参考になった。
同じ場所に自分を居て、同じような写真を撮っていたのだが、その差を思い知らされたのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギャンブルの何に惹かれるの... | トップ | 「死を忘れた文明」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL