取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

詩は境涯である

2016年12月20日 21時33分18秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
★「真実の詩人は、宇宙、精神、真理などについて語る詩人です」
「詩には常に呼びかけるもの(メッセージ)がなければなりません。また、永遠性がなければなりません」
★古代インドの宇宙観では、地・水・火・風・空の「五大」によって万物が構成されると考える。
★「五大」はわが生命でもある。
この一個の生命も、宇宙と同じく地・水・火・風・空から成る。
すなわち五大は我即宇宙の哲学を表している。
★人間としての境涯が、最大の詩の源泉であると思う。
詩は境涯である。
偉大な詩は偉大な人間からしか生まれない。
★詩人は永遠を見る人である。
全身で永遠を感じるゆえに、彼は諸行の無常を観じる。
諸物の止まらない流転が目に映るゆえに、この一瞬一瞬のかけがえなさを知る。
★詩人は戦う人である。
彼は人間の運命に責任を感じる。
彼は、世界のどこかで非人間的に扱われる人間がいることを容認できない。
★一人の人間こそ全宇宙という織り物を結びつける結び目であり、どの一人なくしても宇宙は完全ではないことを彼は感じている。
★指導者層も含めて、あらゆる階層、あらゆる立場の人々が、詩を愛するようになった時、どれほど社会は明るく、美しく、活力に満ちて進歩することか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を豊かに育む地域の“居場所” | トップ | 医療専門職による口腔・身体... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL