取手通信・医学情報社 山本 嗣信 (やまもと つぐのぶ)

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

「悩みは成長の証」

2017年07月12日 15時35分18秒 | 伝えたい言葉・受けとめる力
社会で信頼されるには、信念、努力、忍耐が必要だ。
その生き方を学ぶ場はどこにあるのだろうか?
感謝する気持ちが不可欠。
それを忘れると人は、傲慢、不遜にさえなってしまう。
謙虚であれば、人々に支えられて現在の自分があることを理解でき、自ずと感謝の気持ちが起こるはず。

「悩みは成長の証」
<今の挑戦>こそ一切の勝利の源泉。
<負けない人生>を歩む。
苦難や悩みの中から<勝利の花>を咲かせる。
目の前の<一人>を大切にする姿勢。
どこまでも<報恩感謝>の気持ちで、全てに挑戦する。
「自分の葛藤や工夫が少しでも後輩の役に立てば嬉しい」と人材育成への熱い思いを語る青年の姿。
「名は体を表す」
例えば「太陽会」「敢闘会」は、地域の「老人会」より大きな社会的広がりと使命を彷彿させる。

あふれるモノの消費から智慧を大切にする暮らしへ

22歳で起業し、自分が望む仕事を矢島さん。
夢をかなえるポイントは?
「思いを<秘める>のではなく<声に出す>ことですね。『日本の伝統産業の仕事がしたい』と、とにかく声に出し続けてきました。今でも、<こうしたい>と思ったったことは、言い続けています」
(株)「和える」代表取締役・矢島里佳さん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チャップリン | トップ | 小松一郎の人生転落 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

伝えたい言葉・受けとめる力」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL