取手通信・ツール・ド茨城の実現へ 利根輪太郎

医学情報社編集顧問
フリージャーナリスト

秋山投手を援護できない阪神打線は情けない

2017年09月21日 10時52分35秒 | 沼田利根の言いたい放題
伝統の一戦・阪神対巨人戦

阪神は、巨人の智之投手(28歳、5年目)に手も足も出ないような状態で1点も取れず、完投、完封を許す。
実に情けない。
阪神の秋山拓巳投手(26歳、8年目)は2軍のエース格を卒業し、1軍のエースの姿になりつつあるが、まず1回、マギー選手のソロで先制された。
「コントロールミスしたボールを打たれてしまった。粘りの投球ができず悔しい」と肩を落とした。
それにしても、秋山投手を援護できない阪神打線は情けない。
菅野投手16勝5敗
秋山投手12勝6敗



























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わずかなチャンスを如何に生... | トップ | 解散の大義も説得力がなく強引 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

沼田利根の言いたい放題」カテゴリの最新記事