ラクガキ7

2017年05月17日 04時57分26秒 | 日記

続・アイディアだしラフ。
キツめのおばはんと母性ママン。
どうもどこかで見た感じになるな。

30越えた女性キャラクター描くには、これまたなんか切り替えが必要なようで、
美少女キャラ描く感覚の延長でいてはダメな様子。
属性が違うというかなんというか。
いいとこ20代後半くらいになるので功夫が足りん。フェチをもて。



案の定、仕事がアレな状況で修羅場モードに入った。
締め切りは、本来10日であるのだからそりゃあそうだろう。
大体予想はしていたが、編集さんのピンチ電話が。
…いや、俺もアイツなんとかしたいとは思っているんですがね…。
下手になんか言ってもアレになるんでね…。


別件の締め切りも昨日であったので、大分切羽詰まってるのであるが、
とり急ぎ、肌影を片っ端から消化しつつ、効果。ベタ的な要素もいれていく。

肌を塗る作業自体は嫌いではない。
むしろ好きな部類ではあるのだが、1pに大体人間が10キャラくらいはいるわけで。
26pの漫画だとすると、26×10で260体の肌影を塗らんといかんという
事になって、流石にここまで量が重なると、なかなかしんどい。
1日フルで頑張っても14くらいが限界だろうか。
ペン入れのミスやらなんやらをここでフォローしなくてはいけなかったり
するので、なかなか手間がかかるのだ、実は。

TOLOVEるなんかはアレ、肌トーンほぼ使ってないのだから
線画のみでの立体感は見習うべきだよなとか。



とりあえずめっちゃ疲れた。

肩甲骨のこり方が半端ないので。やはりいい加減整骨院かなんかで
ガコッと直してもらわんと。今後にも差し支えるコレ。やってらんねー。



■逃げ恥
「逃げるは恥だが役に立つ」のレンタルが開始されていたので、サクッと全巻視聴。
流石に大河ドラマに比べて、12回で完結は速攻見終わる。

「恋ダンス」で有名で、「恋」は死ぬほどリピートしているのですが、
ドラマは放映当時はチラッとしか見た事がなく、レンタル心待ちにしていた次第。

情熱大陸や真田丸のパロディなんかがふんだんに盛り込まれていて、
日本のドラマに慣れてない人でも楽しめる構成になっていて、非常に見やすい作品でした。
どこかアニメ的というか?
そういやエンディングダンスもよくよく考えればアニメ的だわ。

キュンキュンするというか、なんというか、観ていて微笑ましい二人を
応援したくなるようなドラマでありました。
ええ歳こいたおっさんがキュンキュンもクソもなかろう、という気もするのだが、
いやほんと、キュンキュンやからな。

トラブルはあるのだけど、観ていて心が痛くなるような深刻なものではなく、
安定、安心の作品で、いやー、こりゃ確かに人気出るわぁ。とかなんとか。
よいものを見た。勉強になる。フンスフンス。







■今日のSKIくん

「3時間で起きて作業に戻ります!」とか言ってたけど起きなかったので蹴り起こした。

起き上がってパソコンの方に向かったので、私は部屋戻って作業。
「飯どうするよ」と3時間後くらいに話しかけにいったら、イスで爆睡してるという
SKI君は平常運転でコノヤロウ。

とりあえず起きた時の反応が「んん… なんすか…?(不機嫌そう)」
というのが腹立つ。

なんすかじゃねぇ
トータルきっちり6時間強寝てんだろうが。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラクガキ6 | トップ | 悲鳴の肩甲骨 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。