とり魂(たま)ブログ

松山市の本格地鶏料理専門店「とり泉」の大将が送る魂のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年も

2012-09-13 03:16:23 | Weblog
今年もいつもの反省の場所にいってきた

もう通って何年になろう……


次に伝えねば


果実や収穫方法をみて
根っ子をみない
土をみない
育む手をみない

果実は大地のお礼にすぎず

果実が神では決してない

来年は梅と百合に手をあわせに行く

先人の礎の上に 今 生かされてる

まもらねば

伝えねば
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

真逆やないか?

2011-12-13 23:06:41 | Weblog
意味価値様です


ニュースをみてたら
人事を尽くして天命を待つ
このフレーズが耳に残った

人事を尽くして天命を待つ…………


ん? 


これって変だと思うのだな

人事は人の計らい
天命は天の計らい

なのに人事を尽くして天命を待つ?

もちろん努力は必要

しかし努力にも限りがある
健康であるうちは、努力も己が力と思うだろう


天命を知り人事を尽くすとまでは言い切れない 不遜極まりない

せめて

天命をあんじながら人事を尽くす

こっちのほうが府に落ちるよな

そう思う
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さみしいか?

2011-10-29 22:04:49 | Weblog
意味価値様です


うん

さみしいな

辛いな


それでいいんだ


さみしいときはさみしがれ



それはな

おまえの持ち運がおまえ自身を育ててくれてるときだ


かなしみがかなしみに終始するのは

ごまかしたり、逃げたときだけだ

大丈夫

失望は必ず豊かさをもって
希望にかえられるから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思うこと

2011-09-15 20:04:10 | Weblog
愛する力量は

哀しみを抱きしめる力に比例すると思うんだ


ポジティブだネガティブだと
片方を否定する中では

真に愛する力は養われない

我力でも養われない


つくづくそう思う


同時に


つくづく文才がない

うん
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2011-08-16 02:56:48 | Weblog
意味価値様です

旅は楽しい

されど
帰る場所のない旅など

楽しくもない


それはもはや旅とは言わず

さ迷うと言うんだ



人生を旅に例えることもある


帰る場所は、自分の中で

常に明確にしておきたいもんだ。



場所をわかってる人と
そうでない人の人生の違い

歳を重ねるごとに、つくづく思う。



本日休業
それぞれの役割をはたしてきてください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

望みがある

2011-07-28 12:40:25 | Weblog
木には望みがある

潤いは

やがて木を通し花をつけ

その木ならではの香りをはなつ

やがて実がなる


横の水はやがて渇くが

縦の水は渇くことはない



木には希望がある

潤いある人生を

皆が歩めますように



本日も意味価値様
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう

2011-07-23 04:22:08 | Weblog
意味価値様です


全とりPの皆さん


「ありがとう」


皆の支援により
お蔭様で今月も実行できた

辛いね

しんどいね


でもね

そこに愛があるんだよ


実践者だよ

みんな



ありがとう

ありがとう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

励まし

2011-05-19 04:31:32 | Weblog
意味価値様です

さて いきなりだが

私の嫌いな言葉!

「頑張れ」だ!


この言葉を安易に挨拶がわりに使ってる

我力で励めば折れちまう

これはおもんばかりではない

この「頑張れ」を使わずに

頑張りたくなるような励ましにこそ愛があると思うんだ

いつもそう思う


だから とり泉では

「頑張れ」の言葉を使わないんだ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

真理

2011-04-26 00:54:41 | Weblog
意味価値様です

さて

野の花は
称賛を求めるわけでもなく
利を求めるでもなく

咲いてることを自ら口にすることもなく

時がきたら花が咲き
黙ってすべきをして
黙って去っていく

それが実行であり
それが教えであり
それが真理だ

真理を黙って実行する
これが自然の摂理だ


自然の中で生かされている以上
野の花も我々も同じ



思いどおりに生きることが自由
思うことが叶うことを成長と錯覚した時
我々は真理から遠ざかり滅びへの道に入るのだろう




どの方向から風が吹いても
しゃんと与えられたその場に、淡々と立っていられる人を
悟った人と言えると私は思う


これは山での断食42日目の朝に確信したことなんだ


すべてのことに
意味価値様


寿江 愛の実践者の卵となって帰っておいで

みんなで待ってる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忍耐力を養うには

2011-04-21 00:54:43 | Weblog
意味価値様です


耐えて耐えて

我慢して我慢して

頑張って頑張って

いくら歯を食いしばっても

本当の忍耐力は養われない

本当の忍耐力は

祈りの中からしか生まれない

そう 思うんだな



このときだからこそ


この時期だからこそ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加