TORAとSAKURAとケ・セラ・セラ

人見知りな愛猫とのマイペースな生活

長野へ、戸隠~白馬

2016年11月08日 | 日記

先日の週末は、お通夜に母の三回忌と慌ただしく過ぎてしまったが、先週末は友人と長野へ
一泊旅行を楽しんできた。

当初、3人集まってで久しぶりの旅行となるはずだったが、一人が体調を崩してしまい
急遽二人だけとなってしまった。

行き先が長野方面へと決まった際、お互いブログの読者となっていた、ペンションパンセ さんの
話をしたところ即決となり、白馬にあるそちらのペンションにお世話になることとなりました。

ブログつながりの方と直接お会いするのは初めてのことですが、これも何かのご縁ということで、
車でない私達にとって有り難く、長野駅からの送迎もしてくださるパンセツアーをお願いすることにしました。


初日は、長野駅から戸隠神社へ。山の上あたりは雲が多そうなもの、晴れ間もありまずますのお天気。

が、車で徐々に山を上がっていくと、ちょっと天気が怪しくなり、パラパラと雨が。

強力な「雨女」である友人が行けなくなったこともあり、お天気は大丈夫かな、と思ったのですが、
戸隠はその友人が行きたかった場所でもあり、彼女のパワーか、、、?


車を下りて奥社へ向かう参道を歩いている頃は、気温も5度くらいまで下がり、雨も降ったり止んだり。




雨に濡れた葉の緑がきれい


 


巨木の並木は迫力。季節によって色々な姿を見せてくれそう。

 

今回はこちらの門まで。あと30分近く歩いた先に奥社が。



この先は、改めて三人で来る時までとっておこう、ということで。


 
門前でUターンしているのは、私達だけ?


どうして、こんなにねじれているの? 



 


道に敷き詰められた落ち葉も雨に濡れて鮮やかに。

  


今度来た時はお天気になりますように!

 


こんなお天気なので期待はできなかったが、鏡池へ。



「鏡池」とはなりませんでしたが、紅葉は思ったより残っていました。







カメラの設定がおかしくなってしまい、変な色味になってしまったが、、、


景色そのものが絵画のよう。






光が差していながら雨が降ったり、風が強く雲が流れ、水面も揺れて


     



車窓から見た細く、長くまっすぐに伸びる木々のシルエットがとても美しい。

      





微妙な色のグラデーションが、秋を感じさせてくれますねぇ~。



このあと、予約をしてくた人気の戸隠蕎麦をいただき、白馬へ向かいます。



パンセさんに到着する前、長野オリンピックの会場となったジャンプ台を見て来ました。

   

1998年だったので、もう18年前になるんですね。

仕事の関係で期間中2週間近く長野市内に滞在し、こちらでも観戦したのを懐かしく思い出します。

その時に滑ったのが最後のスキーかな。




ペンションに着いた頃はもう日も暮れ、部屋でひと休みしたらお楽しみの夕食へ。




まずはビールで乾杯♪ おつかれさま~ 

ベーコンと牛肉を重ねオーブンで軽く焼いたパテ。ガーリックが効いていてビールにぴったり!

いただきます。。。
                                               
サーモンとホタテを生ハムで巻いてスモークされたもの


アンチョビと黒オリーブがアクセントになって、こちらはワインに合って美味しいです。

ワインはブルゴーニュのものをいただきました。


  

ハロウィン前々夜? パンプキンスープ。 甘過ぎずちょうどいいです。



                            

白身魚のバターホワイトソース、トマトを効かせているので程よい酸味が加わり、いいバランスに。





柿と野菜の和え物。

さっぱりと、柿が甘くてやわらくて。

ここで和食が登場。                   

ご主人が洋食を、奥様が和食を担当されています。地の小谷野豚を使った角煮と菊の花ときのこの和え物。

お肉はとても柔らかく、脂身もさっぱりしています。
食用菊は黄色のイメージが強いですが、紫の方がきれいで秋らしい。


 蓮根しんじょう  

中はねっとり、味がしみて美味しいです。


鴨肉といろいろ野菜のオリーブソテー           

すでに充分なボリュームをいただいてますが、重くないのでワインと合わせて食べれてしまいます!


さすがにご飯は遠慮してしまいましたが、シメにお新香と葡萄のゼリーまでしっかり。



ゼリーより葡萄がぎっしりと。お口がさっぱりとします。


おしゃべりしながらゆっくりと時間をかけて、美味しくいただきました。ごちそうさまでした。




これで終わりではありません!


すぐに場所を暖炉の前に移し、手土産のチーズとともにもう一杯(いっぱい?)




奥がブリアサヴァラン、右が山羊を牛でサンドしたサンフェリックス、手前がボーフォールダルパージュ、
左がイタリアワインのバローロの搾りかすで熟成させたオッチェリバローロ

    

暖炉の暖かさに包まれながら、更にお酒が進みます。ご主人とともに日本酒と白ワインを。

ボトルを空けたところで翌日に備え、就寝。



2日目は小布施へ。

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味しい夕べ | トップ | 長野2日目~小布施へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-11-11 16:59:33
紅葉してますね。
晴れていれば・・・残念です。
自然はいいですね(^-^)
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
Unknown (ケセラ)
2016-11-24 23:12:17
たにむらこうせつさんへ
お天気ばかりはどうしようもないですね~。
紅葉が思ったより残っていたのでよかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。