ぴ~すの雑記帳

冬はスキー。夏はトライアスロン。遊びに忙しいおっさんが暇を見つけては、あれやこれやを綴ります。

ふと考えてしまうこと

2016年10月18日 | かめラン&かめライド
好天に恵まれて、成木街道を走った。今日は久しぶりのロングライドになりそうだ。こんなペースで1日走り切れるだろうか?そんなことをふと考える。

このところ休みの度に雨。せっかく約束をしていてもボツになる。こんな事が何度も続くと、中止の判断をするほうも、返事を待っているほうもだんだん面倒くさくなってくる。前日の連絡で、ヨッシャってことになる。

走り出しは、いつの間にか寒さを感じるほどの陽気だ。ロングライドにちょうど良い季節になった。多摩川サイクリングコースも大にぎわいだ。国道に入ってからは徐々にペースが上がる。そして青梅からはアップ&ダウンが始まる。さっきまでの心配事なんか忘れて気合いが入る。峠を越え、トンネルを抜けて名栗湖に到着した。

ロックフィルの堰堤に立てば、いま登ってきた道路が谷へ向かって滑り落ちて行くのが見える。よくもまぁ登ったものだなぁと感心してしまう。自転車を始めた頃は、まさかこんな所まで走れるとは思わなかった。それが今はできているけれど、さぁ果たしていつまでできるんだろうか?

せっかく飯能まで来たのだから、秩父路をタンノウしましょう!なんてだじゃれもとびだして、少しだけ遠回りして帰路についた。最後の峠を下って青梅市内のコンビニに立ち寄ると、庇の下にテーブルとイスが並べてあった。肉まんを頬張りつつはずむ話題は、年金がどうしたの、再就職はどうするのということになる。そんなことは如何様にもなるさ!と割りきっても、こうして自転車で走り回る事ができるのは、あと何年続けられるのだろうか?とふと考える。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銚子マリーナトライアスロン | トップ | 金山鉱泉と雁が腹摺山 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む