寅の子文庫の、とらのこ日記

本が読みたいけど本が読めない備忘録

グラフィックレポートの本棚から~日本人のふるさと

2006年02月07日 00時54分20秒 | 岩波写真文庫

岩波写真文庫は1958年(昭和33年)12月20日、
No286【風土と生活形態】を最後にシリーズを終了した。グラフックレポート【日本人のふるさと】は37年の空白を受け、286冊の写真文庫の中から選りすぐりの写真を174頁の紙面に余すことなく掲載して写真文庫のフィナーレを飾った。編著者であり社会地理学の権威であった、故竹内啓一氏の言葉を借りれば、『本書の趣旨は1950年代の写真を提供して、1950年代の風景を読んでいただくことであった』と言う。1950年代の風景に庶民の暮らし向きは見事なまでに溶け込んでいる。父母たちが額に汗して懸命に働いた後姿を忘れてはならない。今宵暫く、あの時代を懐かしむと同時に、それら写真の1枚1枚が日本人の今後歩むべき道に警鐘を鳴らしていることに私たちは気がつかねばならない。


日本人のふるさと―高度成長以前の原風景 グラフィック・レポート
クリエーター情報なし
岩波書店

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩波書店のグラフィックレポ... | トップ | グラフィックレポート~二つ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL