とらのこ税理士の侘び寂びダイアリー

僅かな虎の子をいかに育て守っていくか、独自研究と試行錯誤のあり様を、気ままに綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

珍しくスイング銘柄

2005-09-21 | 投資・ビヘイビア

私はあまり短期トレードを好みませんが、

これだけ相場が熱を帯びてくると、ちょっと羽目を外したくなります。

5955 ヤマシナ 



コメント (16)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お詫び デンカ生研

2005-09-08 | 投資・ビヘイビア
参考銘柄として、紹介しておりました

4561デンカ生研が昨日ストップ安となりました。

インフルエンザ薬180万本が国家検定で再試験となり、

出荷量、売上の減少を嫌って、売りがでたものです。

長期的なスタンスでは、BUYの評価は変わりませんが、

短期的な目的の投資家の方々には迷惑をかけることに

なったことをお詫びします。

なお会社のHPにより、説明がされていますので、参照ください。
http://www.denka-seiken.co.jp/japanese/others/20050906-influ.pdf


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参考銘柄

2005-09-04 | 投資・ビヘイビア

5479 日本金属工業  231円
    テクニカル的にも、もう一押しあれば、短期OK
    ファンダメンタル的にも、PERもPBRも割安、中期にも狙える

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銘柄フォロー

2005-08-27 | 投資・ビヘイビア
昨日、3521エコナック 急騰のため一旦、売却しました。
     120円台で買い、230円台で売り

来週明け、6993森電機も売却の予定です。
      50円台買い


9月上旬(選挙前)まで、仕手系
9月中旬まで、ファンド系  
  がローテーションで乱舞すると思われます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参考銘柄

2005-08-23 | 投資・ビヘイビア
デンカ生研 JASDAQ 4561

何と6期連続大幅増配。ちょっと気づくのが遅かったかな~
外資系の買い増しもあり、
昨年10月高値3491円回復に向けて
徐々にアップしていくでしょう。

今月各地で鳥インフルエンザの大量発生で
同社の薬品が見直される可能性大です。

中期投資には最適と思います。



but 投資は自己判断でお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会員権

2005-08-19 | 投資・ビヘイビア
中古会員権市場で、外資が手がけるリゾート物件の会員価格が

上昇はじめています。

現在は、市場平均でバブル期の10分の1の価格にあるといいます。

これは買いでしょうか?

一昔前、実物経済のバブル崩壊からタイムラグを経て、
やはり会員権が暴落しました。その際に問題になったのが、
預託金(利用権)制度の下での、
倒産による預託金の未返済事象の多発でしょう。
いわゆる証券の紙くず化ですね。

近年では、上記の使用権ついた預託制よりも、
所有権の付いた共有制が採られている場合が多い
と言われています。これは、資産(リゾート)の一部(部屋割)
を何人かでシェアするやり方で、本人名義で不動産登記されます。
この場合、購入した資産には当然、所有権が発生します。

したがって、中古の会員権の購入を考える場合、
その会員権の経済的価値だけではなく、システムの面にも
注意を払う必要があるでしょう。

会員権も投資対象と考える場合、
通常の不動産投資と同様に長期的な視点で、
対象を評価する姿勢も必要と言えるでしょう。

何はともあれ、

まずは資金を作って、(殆どこの段階で終わりそう)

よく調べてから慎重に判断しましょう。
 
参考URL http://resortinfo.cool.ne.jp/mag/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

投資手法概観その1

2005-08-09 | 投資・ビヘイビア
証券投資の手法は、古今東西、
大恐慌の頃より21世紀の現代に至るまで、
様々なものが提示されています。
敢えて、それらを大きく区分するならば、主に次の4つの方法になるでしょう。
①テクニカル分析、②ファンダメンタル分析、
③ポートフォリオ管理、そして④行動ファイナンス、です。

それぞれに長所・短所があり、どれが一番優れているとは一概に言いがたいものです。
英米両国では、前者の二つ①と②は、シティーやウォール街の勃興期より、多くの玄人投資家(俗にいう相場師たち)により、沢山の分析取引手法が編み出された手法であり、わが国においても、江戸時代(大岡越前守の裁き)より①が米の帳合米(先物)取引が認められ、米会問屋や仲買人の間で相場を読む手法として発達していました。



テクニカル分析は学術的には、効率市場仮説(Hypothesis of an Efficient Market)の立場から、否定されていますが、実際に投資する人々の多くがそれらのシグナルを重要な判断基準にして行動しているようです。
ファンダメンタル分析も、学術的には過去の発表データであれば、市場に反映されて有効ではないとされています。実際には、投資家の多くが将来の財務データを予測することにより、投資判断のツールとして利用しています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解散

2005-08-08 | 投資・ビヘイビア
本日午後1時過ぎ、参議院で郵政6法案が否決されました。

このときを底にして、株価は戻り歩調に入りました。

しばらくは仕手系の往年の銘柄が賑わいを見せると思われます。

8260 井筒屋
7954 ジャレコ

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加