肯定的映画評論室・新館

一刀両断!コラムで映画を三枚おろし。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『大奥』、観ました。

2007-08-23 21:35:32 | 映画(あ行)





監督:林徹
出演:仲間由紀恵/西島秀俊/井川遥/及川光博/杉田かおる/麻生祐未/中山忍/浅野ゆう子/松下由樹/柳葉敏郎/藤田まこと/岸谷五朗/高島礼子

 『大奥』、観ました。
第7代将軍・家継の時代。僅か4歳の幼い将軍を巡って、江戸城では様々な思惑が
うごめいていた。幕閣たちの権力争いが表面化していく中、大奥でも、先代将軍
未亡人・天英院と将軍生母・月光院の、女の意地を賭けた戦いが繰り広げられていた。
若くして御年寄に昇格した絵島は、月光院の信頼も厚く、大奥女中の間でも信頼と
人気を集めるに至ったが、それは対立する天英院派の不満とストレスの矛先へと
変わっていく‥‥。
 “豪華キャスト”なのに、その顔ぶれほどの“華やかさ”は感じない。衣装もセットも
大層“お金を掛けてる”と思うのに、その見てくれほどに“高級感”は得られない。
物語自体もなかなか“興味をそそる”ものなのに、“胸に残らない”のは何故だろう。
それというのも、物語の描き方、人物の描き方がすべてにおいて“平面的”というか、
映画に“厚み”を感じない。観ながら気になったのは、出てくる人物、出てくる人物が
皆、一応に〈善人〉か〈悪人〉かの2種類に振り分けることができ、さらにその上で、
おおよその性格が“一目で”想像出来てしまう。そのあたりが“映画”としてみるには、
どうも喰い足りない。まぁ、この際、竹中直人の目に余る(?)ドタバタぶりと、露骨な
BGMの使い方には、多少なりとも目はつぶるとしても(笑)、例えは悪いが、
“TVドラマの延長線上にあるもの”を2時間枠で見せられたような、そんなカンジ。
いっそ、お正月のテレビ映画で観る分なら、“結構なお得感”はあるんだけどさぁ(笑)。
 それにしても“オンナの闘い”とは、何と浅ましく、そして恐ろしいものだと痛感する。
他人など差し置いてでも我先に前へ前へと出ようとする。オッと、それは『大奥』の
物語だけの事とは限らず、ここにいる出演陣とて同じこと。エンドロールを見る限りじゃ、
本作で“個人の専属メイクさん”は3人居る。まぁ、重要な役どころである仲間由紀恵、
杉田かおる嬢は置いといて、浅野ゆう子って総出演シーンを合わせても、たった
3分にも満たないじゃん(笑)。こいつを“ビッグな(?)女優のプロ意識”とみるべきか、
あるいは“単なるオンナの虚栄心”とみるべきか‥‥、“女優業の裏社会、その
権力闘争の一端”を垣間見たようで、一瞬ゾクッとしました(笑)。



楽天市場ランキング・売れ筋DVD邦画トップ30

楽天市場ランキング・売れ筋DVD洋画トップ30

楽天市場ランキング・売れ筋DVDアジア映画トップ30

楽天市場ランキング・売れ筋DVDアニメトップ30

Amazon.co.jp 外国映画トップ100
Amazon.co.jp 日本映画トップ100
Amazon.co.jp アニメトップ100

DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売


DMM.com DVD・CD・本・フィギュアホビー販売


DMM.com DVD通販CD予約販売

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『さくらん』、観ました。 | トップ | 『ハッピー・フィート』、観... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事