Why don't we choke the alligator? / 広瀬量志郎

またブログ書いてます
http://irazumnba.blog93.fc2.com/
どうぞよろしく

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Why don't we choke the alligator?

2007年02月01日 | LIFE
阿佐ヶ谷の家を完全に引き払った。
こんなに早く出るつもりは無かったから
部屋をけっこう改造してて大変だった。

CD棚を取り付けたはいいけけどネジ山がつぶれてて外れない。
包丁ホルダーも作ったけど外れない。
増設した料理スペースの後は汚れが落ちない。

あきらめかけてたら忍者のKさんがやってきて外してくれた。
Kさんはギタークラフトの学校に行ってたことがあるので
ちょっと良さそうなドライバーをつかってささっと外してくれた。

解体した電子ピアノも一人じゃ運べないなと思ってたら
お隣のサンハウスに住むNさんが一緒に運んでくれた。

やっぱり愛しの阿佐ヶ谷だ。

がらんとした部屋を眺めてたら1年前を思い出した。
ちょうど去年の今頃にこの部屋を見に来たのだ。
日当りが良くていい部屋だと思った。
路地の突き当たりで王様席なのもいい。
写真の明かりが点いてるのが僕の家だ。
かつての僕の家。

梶井基次郎の小説、タイトルは忘れた、が好きで
その主人公がこうゆう立地の家に住んでた。
『或る冬の日』やったけな?
『冬の或る日』やったか。
まあどっちでもいい。
最初見た時からそれを思っていたのだ。
窓を開けて、レコードかけて、外を見てるのが好きだった。

いま僕は女の人と住んでる。
煙草は換気扇の下じゃないと吸えないし
大音量で音楽聴く事もできない。
生活はすれ違ってるから週末くらいしか一緒に居る事はできない。
けど、まあ生活とはそんなもんだろうと思っている。
夜中に帰って静かに曲作ったりしてる。

いったい何をしに東京なんて来たのか。
音楽をやりに来たのではなかったのかと思いながら
いまになって一音一音がすごく愛おしく感じる。

メロディは無限の可能性がある。
曲を書きながら、浮かんでくる音はどれもこれも捨てがたい。
これもだめ、あれもだめと思った時もあったんやけど
今はこれもいい、あれもいいと思う。
今のところは。

でも生活というものがあるので音楽ばっかりやってるわけにもいかない。
だから夜中にひっそりやるのだ。
その短い時間に集中してる感じがけっこう悪くない。
短くても音に触れる喜びがある。

そんなわけで広瀬量志郎Why don't we choke the alligator?阿佐ヶ谷編、今回で終わりです。
読んでくれてありがとう。
また会う日まで、さようなら。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

YAMAHA RMX―1

2007年01月28日 | LIFE
阿佐ヶ谷の家を片付けに帰ってる。
さっきタイミング良く廃品回収の車がまわってきた。

もらったテレビを1500円で捨て
拾った扇風機を900円で捨てた。
電子ピアノを処分しようと思ったら3万円はかかるようで
「ババ抜きみたいなもんですよ」と言われた。
最後に持ってた人の負けらしい。

世話になったリズムマシンも処分した。
二十歳の時に学校辞めてこいつとMTRで宅録を始めたのだ。
ゴミみたいな曲をたくさん作った。
説明書もつけたけどまた誰かが使ってくれるだろうか。

回収したものは東南アジアへ輸出されるらしい。
果たして音楽機材もそうなのか、日本語の説明書に意味はあるのか
分からないけど誰かの手に渡ってほしい。

電子ピアノを解体する前に曲を作った。
どうにも詞が書けないのでいつになったら歌えるのか分からない。
けど、やるはやらないに勝るというのが僕の基本的な考え方なので
まぁその時を待ってればいいかと思って作ってる。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風呂へ行く

2007年01月26日 | LIFE
ついに僕も風呂付きの家に住むようになった。
けど、銭湯が遠くなってしまったのがやや残念だ。
下駄で風呂に行く、という僕のささやかな夢はまだ叶いそうにない。

今日は自転車で銭湯に行ってみた。
下駄に自転車で風呂ってのも有りか無しかで言えば有りだなと
ほんの数行前の考えはいま覆った。
やっぱ下駄買おう。

武蔵野浴場は自転車で3分くらいのとこ。
正しい公衆浴場だ。
まず入り口がいい。
番頭がいてすぐに脱衣場がある。
最近の傾向なのか、他では番頭→のれん→脱衣場のとこが多い。
正しくはのれん→番頭→脱衣場なのだ。
たぶん。
そうじゃなかったら風呂屋の番頭なんてうらやましくもなんともないじゃないか。

湯加減はやや熱い。
水風呂がないのがいまいちやけど壁の富士山で全てを許す。
無駄に高い天井も贅沢で良い。
僕はここ好きだ。

風呂上がりに久しぶりの牛乳を飲んだ。
ビン牛乳はうまい。
帰りは自転車を押してタバコを吸いながら歩いた。
この町に住むのだという実感がした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

本を売る

2007年01月21日 | LIFE
リュックいっぱいの本を売りに行った。
200円になったので表に出てる30円の本を買おうと思ったら
それはタダでいいと言われた。

嗚呼、愛しの阿佐ヶ谷よ。
こうゆう些細なことが、何かいいよなあ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

西日の当たる家

2007年01月19日 | LIFE
時間がなくて更新できない。
とりあえずアニマルズ。
とりあえずポータブルプレーヤーで聴いてる。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加